« Dawnは8月9日リリース | トップページ | ShaderMixerでエリアライトを自作する »

GenesisのモーフをGenesis2 Femaleに移植する実験

G2fmale

DAZのフォーラムに、GenesisのモーフをGenesis2 Femaleに移植するスレがあるので、3連休ということで私も実験してみました。左がM4を移植したGenesis2 Female、右がGenesisのM4シェイプです。

もともとGenesis2 Femaleにはオートフィット用にGenesisのクローンシェイプが入っておりまして、オートフィット用ですから普段は見えなくなっています。そのクローンGenesisのDSFファイルをコピーして中身をエディタで編集し、普通のモーフとして使えるようにすることで、Genesisからモーフを移植する際のベースにしようというわけです。

そうして作ったGenesis形状をOBJで保存したものをPropとして読み込み、そこにTransfer Utilityを使ってGenesisのモーフを転送し、持ち込みたい形状(Michael4など)にセットする。それを再びOBJで保存し、Genesis2 FemaleにMorph Loader Proで持ち込む・・・という流れになります。かなり手順が複雑で面倒ですね。(´・ω・`)

出来上がったモーフを使ってポーズをとらせてみると、思いのほか綺麗に変形してくれました。女性フィギュアのベースに男性モーフを移植したので、胸や肩などの形状がGenesisと異なる動きをしますが、Genesis2 Femaleは乳房があることを前提としたウェイトマップで作成されていますので、いかんともしがたいところでしょうか。それ以外は比較的良いと思われます。

細かい手順を記事にしようかとも思ったのですが、V5などの女性体型も試してみないことには使い物になるかどうかわかりませんので、もう少し検証してみてからにしようと思います。

|

« Dawnは8月9日リリース | トップページ | ShaderMixerでエリアライトを自作する »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

別にエディタで編集しなくてもOkですよー。
パラメーターセッティングをいじって、
typeと名前を変えてそのまま、別ネームで
save as morph で保存しますです。

すると次にgen2Fを読み込んだら、cloneモーフができてますです。

あと、transfer uility だけで可能ですが、必要のないgenesisのモーフは別のds cefault
contents フォルダに一時的に移しておいて
DSからは見えなくしておきます。

で、移植したいモーフだけgenesisに残しておきます。そのままgen2Fとgenesis間で
transfer utility を使って移植。
そのあとで、cloneを適用してモーフローダー
で、cloneなしでもgen2FのFBMにするという流れです。そのあとで、rig調整してERC
フリーズするとできあがりです。

私は、generationXを買ってないので以前からV4,A3モーフもこの方法で移植してたんですが、たぶんほとんどかわらないはずw

(どっちみち顔の内部、まつ毛とかは、手直し必要だし、JCMとかまでは、移植しても再調整必須だし、、)

投稿: gonzou | 2013年7月16日 (火) 00時45分

あと、逆転送でgen2F のクローンを
genesis に送り込み、マイナス100%にして
genesis用のgen2F クローンにし、
それをexportしてモーフに。

gen2Fのコスがgenesisでも使えるように
auto-fit に利用ってのもできますです。

ちょっとフォーラムのやり方は、複雑すぎるなと見てて思ったんですが、おいらの英語力じゃ
混沌に陥れる可能性が高いのと、まぁ、どうやろうとほとんどかわらんので^^;

投稿: gonzou | 2013年7月16日 (火) 00時51分

gonzouさん、コメントありがとうございます。
なるほど、その方法なら面倒な手順を踏むことなく簡単にできそうですね。情報ありがとうございます。私も試してみることにしますね。(´∀`*)

投稿: とうふ | 2013年7月16日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dawnは8月9日リリース | トップページ | ShaderMixerでエリアライトを自作する »