« Geo Grafting覚え書き | トップページ | Poser新フィギュア「Dawn」 »

V4のテクスチャをV5用に変換する

V6marie

今回はMap Transfer機能のお話しです。DAZ StudioにはMap Transferという便利な機能があり、同一フィギュア上の異なるUVセット間でテクスチャ画像を相互に変換することができます。たとえば、旧GenesisにはV4/M4/K4などの第4世代フィギュアのUVセットが標準でついてきますので、V5をインストール済みであれば、それら第4世代フィギュア用のテクスチャをV5用のテクスチャ画像に変換できるわけです。

ということは、Genesis 2 FemaleでV4用のテクスチャを直接使用するためにはVictoria4 for Genesis2 Femaleが必要ですが、Genesis2 FemaleにはV5のUVセットが付属しているため、旧Genesis上でV5用テクスチャに変換してしまえば、Victoria4 for Genesis2 Femaleを購入しなくてもテクスチャだけなら流用できるということになります。ちょっと裏技っぽいですが。(;´▽`A``

ということで、今回はその方法を使ってGenesis2 FemaleでV4用テクスチャを使う方法について書きたいと思います。

Texc02Genesisをロードし、V4用テクスチャを適用します。今回はV4 Elite Texture Marieを使いました。


Texc03Surfacesパネルのオプションメニューから、Map Transferを選択します。


Texc04Templatesペインを右クリックし、新しいテンプレートを作成します。


Texc05右側のSurfacesペインから、先頭の数字が同じになっているマテリアルを全て選択し、先ほど作った新しいテンプレートにドラッグ&ドロップします。ここでは先頭が1のマテリアル(頭部)を選択しています。


Texc06Templates側のマテリアルを全て選択し、Target UV MapをVictoria5に設定します。これで変換後のテクスチャはV5用になります。


Texc07Template1をクリックし、保存先のフォルダを指定します。ここで指定したフォルダに変換後の画像が保存されます。


Texc09Acceptを押して変換を開始しましょう。Baking Qualityの設定値にもよりますが、デフォルトのままであれば、あっという間に終わると思います。


Texc10同様の手順で、他のマテリアルも変換していきます。テンプレートに入れるマテリアルに抜けがあると、テクスチャ画像のその部分が穴が開いたように抜けてしまいます。注意してください。


Texc12すべて変換したら、GenesisのUVセットをVictoria5に変更し、変換後のテクスチャ画像を手作業で貼っていきます。テクスチャの枚数が多いので、かなり面倒な作業です。正しく変換されていれば、このようにすき間無く貼れるはずです。全て貼り付けてみて、おかしなところが無ければマテリアルプリセットとしてDUF形式で保存します。


Texc13最後に、Genesis2 Femaleをロードして、先ほど保存したマテリアルプリセットを適用してみましょう。このように、V4のUVセットが無くてもV5用のテクスチャに変換後であれば、そのまま貼り付けることができます。今後、男性版のGenesis2 Maleが発売されたときにも、この方法が重宝するかも知れません。(´∀`*)

|

« Geo Grafting覚え書き | トップページ | Poser新フィギュア「Dawn」 »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、とうふさん。
Map Transferは、「M4 Displacement Maps」をM5で使いたくて、以前試したことがあるのです。
その時は繋ぎ目がかなり目立って、まったく使い物にならない印象でした。
今回のとうふさんの画像をみると、違和感なく変換されているようですね。
うむむ…、やはり私のやり方が悪かったのかしら…。
参考にさせていただいて、また実験してみたいと思います。

それから、拙宅ブログにリンクをしていただいたようで、
ありがとうございます~。

投稿: すい | 2013年6月29日 (土) 01時33分

すいさん、コメントありがとうございます。
M4→M5も試してみましたが、特に問題なく綺麗に変換されていました。ひょっとすると旧バージョンにはどこか問題があって、4.6では密かに修正されて精度が上がったのかも知れないですね。あまり頻繁に使う機能ではないですから。(;´▽`A``

勝手ながらリンクさせていただきました。今後ともよろくお願いします。(´∀`*)

投稿: とうふ | 2013年6月29日 (土) 09時37分

私もよく利用してたんですが、
今日A5のテキスチャをV5用に変換していて
異変が^^;

適用すると、元の白さが消えて茶系っぽい色になってしまうんです。顔だけ張り替えて気付いたんですけど。

Marieもどちらかというと、黄色系の肌色
だったと思うので目立たないのかもしれませんがなんか設定があるんでしょうか@@;?

もしかしてGanmacorectionをonにしてるかなとか、色々試しても改善されないです。

一応最高品質で時間かかってもやってたんですがデフォルトのほうがいいのかな、、

投稿: Gonzou | 2013年7月 6日 (土) 14時05分

知らぬ間にシーンライトがON設定になってたからか、ガンマコレクションをonにしていながら調整を忘れていた、、、どちらかが原因だったようで、元の美白が戻ってきました^^;
おさわがせすみません。

投稿: gonzou | 2013年7月 6日 (土) 14時28分

Gonzouさん、コメントありがとうございます。
Aiko5の標準テクスチャを最高品質で変換して試してみましたが、変換前と後でテクスチャの色変化はありませんでした。(ガンマ補正ON、Gamma=2.2ですが、これはレンダリング時の設定なのでMapTransferには関係ないと思います。)
レンダリング時のみに発生する現象であれば、Diffuseテクスチャのガンマ設定が0.0(自動)になっているか確認してみてください。
SubSurfaceが有効になっていれば、そちらのテクスチャが影響している可能性もありますね。うーむ。(´・ω・`)

投稿: とうふ | 2013年7月 6日 (土) 14時31分

あらら、コメント書いてる間に解決されたようで、何よりでした。(;´▽`A``

投稿: とうふ | 2013年7月 6日 (土) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Geo Grafting覚え書き | トップページ | Poser新フィギュア「Dawn」 »