« V4のテクスチャをV5用に変換する | トップページ | Pixar社のOpenSubdiv »

Poser新フィギュア「Dawn」

Hw3dfacebook

7月にオープン予定のコンテンツ販売サイト「HiveWire3D」が話題になっています。古参のPoserコンテンツクリエイターも参入予定とのことで、かなり期待の持てるサイトになりそうです。特に、新女性フィギュア「Dawn」については話題になっており、オープンを間近に控え、Facebookで徐々にその姿を見せ始めています。Dawnの作者は初期のVictoriaとMichaelを作った人で、好みのキャラを作るためのモーフも豊富に用意されてるそうです。また、PoserとDAZ Studio両方で動作するとのこと。オープン当初は無料で配布される予定となっているようなので、興味のある方はぜひチェックしておきましょう。

Facebookに掲載されているフィギュアの部分画像を見ると、確かにVictoria2あたりのメッシュ分割に似ている印象を受けます。最近のフィギュアは変形時の破綻を抑えるために四角形ポリゴンに統一されているものが多いですが、Dawnは三角形ポリゴンとの混合メッシュですので、ポージング時のメッシュのひび割れ等が気になります。PoserとD|S両方に対応させるとなると、双方で互換性の無いウェイトマップは使えません。つまり、Poser7までの技術で作るしかないわけです。そうなると、V4のようにマグネットとJCMを多用したフィギュアになるのでしょうか。

また、Genesis2 Femaleと同様、足の指までボーンが入っているようですが、足の指のような狭い部分にボーンが密集していると従来の球状影響範囲では厳しいと思いますが、どのように解決しているのかとても興味があります。

ここで考えてみると、V4の後継となりうるかどうかといわれれば、私としては(現在の情報だけを見れば)正直難しいのではないかと思っています。服などのコンテンツは自サイトで販売するでしょうから、ある程度は供給が見込めるものの、ユーザーにとっては1から買いなおしであることに変わりないわけで、フィギュアそのものにV4を遥かに凌駕する付加価値がなければ購入者は増えないと思われる・・・というのが理由です。

果たして、DawnにV4を超える何かがあるのかどうか。オープンしてからのお楽しみです。(´∀`*)

|

« V4のテクスチャをV5用に変換する | トップページ | Pixar社のOpenSubdiv »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。とりあえず謎解きができたのでまとめておきました(^^;)

HiveWire3DにDawnですか。ちょっと気になるところではありますね。

投稿: おーちゃん | 2013年6月30日 (日) 14時15分

おーちゃんさん、コメントありがとうございます。
記事を拝見させていただきました。V6のシェーダーは優秀ですが、細かいところで見落としがあるんですよね。パラメータも増えているので、調整しようと思うとけっこう大変です。(;´▽`A``

Dawnは主にPoserユーザーの期待が大きいようです。その後いろいろ調査してみましたが、ウェイトマップフィギュアであるという情報もありますね。この場合、D|S用とPoser用でそれぞれ異なるウェイトマップを使って作成する、つまりメッシュだけが同一で相互の互換性は無いということになります。わざわざ2種類の製品をリリースするベンダーはそれほど多くないでしょうから、あるコンテンツがPoser用ではリリースされるがD|S用ではリリースされない、またはその逆になる可能性が大きいです。いろいろ問題がありそうですね・・・。(´・ω・`)

投稿: とうふ | 2013年6月30日 (日) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V4のテクスチャをV5用に変換する | トップページ | Pixar社のOpenSubdiv »