« Octane RenderのDS用プラグインが発売(注意!) | トップページ | CyclesでSSSを使う »

Octane Render (その後)

Emiko2

2015/5/24 追記: Octane RenderのDAZ Studio用プラグインは多くのバグを残したまま開発者が長い間放置しており、フォーラムでのサポートも事実上受けられない状態となっています。つまり粗悪品です。この問題に対してOTOYは積極的なアクションをとる気配もないようですし、DAZがnVidia Irayを搭載した現在に至ってはOctaneを購入するメリットは全くありません。間違っても購入しないようにご注意ください。

Octane RenderのDAZ Studio用プラグインを購入後、いろいろと試していたのですが、ベータということで初期バージョンではバグも盛りだくさんでした。その後、作者の方が休日返上で対応なさってくれたおかげで、最新のビルドではクラッシュも少なくなり、だいぶ安定して使えるようになってきました。

うちの環境だとマテリアルデータが保存されないという問題が出ていたので、サポートフォーラムに書き込んでみたところ、同様の問題が出ている方が他にもい る様子でした。作者さんとPMでやりとりしながら詳細な状況を報告したり、テスト用のバージョンを流したりしながら、下手な英語で結果を報告。その甲斐あってか、カレントバージョンではうちの環境でもマテリアルが保存できるようになりました。(`・ω・´)b

今日の段階での最新(Build 2121)で残っている目立つ問題は、ノードグラフエディタ(NGE)で時々クラッシュすることと、レンダリング解像度がプレビューウィンドウの解像度に固定されてしまうことぐらいでしょうか。これが解決すれば、通常のシーン作成は一応できるようになると思います。

DAZと違って、問題を報告すれば迅速に対応してくれるのがありがたいです。近々D|S用プラグインのデモ版を公開予定とのことですので、興味のある方はデモ版を試してみてはいかがでしょうか。(´∀`*)

|

« Octane RenderのDS用プラグインが発売(注意!) | トップページ | CyclesでSSSを使う »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Octane RenderのDS用プラグインが発売(注意!) | トップページ | CyclesでSSSを使う »