« LuxRenderDS: Version 0.7.2.14を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 被写界深度 »

LuxRenderDS: Version 0.7.3.1を公開

V4_marie

スカパーで録画しておいた映画、「野生の証明」を見ました。確か薬師丸ひろ子のデビュー作だったと思います。主演の高倉健さんの演技がとても良いですね。出演してる俳優陣も豪華の一言。ただし肝心のストーリーは完全にぶっ飛んでいますので、B級映画として楽しむのが良いかも知れません。(;´∀`)

それはさておき、LuxRenderDSのバージョン0.7.3.1を公開しました。今回のバージョンからDAZ Script用のインターフェースが追加されています。LuxRenderDSのマテリアルやボリュームなどをスクリプトから完全に制御することができます。

まだドキュメントを作っていませんので、新規でスクリプトを書くのは困難かも知れませんが、サンプルとしてV4やM4のマテリアルプリセットをいくつか同梱してありますので、これを見ればある程度の使い方はわかると思います。

プリセットの使い方ですが、適用したいフィギュアを選択した状態でスクリプトを実行してください。通常のマテリアルプリセットと同じ使い方です。

|

« LuxRenderDS: Version 0.7.2.14を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 被写界深度 »

LuxRenderDS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LuxRenderDS: Version 0.7.2.14を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 被写界深度 »