« プラグインを作成中(その2) | トップページ | プラグインを作成中(その4) »

プラグインを作成中(その3)

Luxds_robot1

D|SのフレームワークであるQtですが、なかなかの優れものです。特にWindows以外のプラットフォームでもソースコードが共通でいけますし、これならMac版とかにも簡単に移植できそうな気がします。Macは持っていないので作れませんが(笑)。

プラグインを作り始めてから既に3週間、毎日少しずつ進んではいるものの、まだ完成度50%ぐらいです。とりあえずボリュームの実装以外はなんとかそれなりに動くようになってきました。もう少ししたらアルファ版を公開できるかも知れません。

【現在までに組み込み済みの機能】

・複合マテリアルエディタ

プレビュー表示、マテリアルツリー、D|Sマテリアル変換、コピー、ペースト

・ライトパラメータ設定

ゲイン、カラー、色温度、Importance(重要度)

・ジオメトリエクスポータ

Triangle、Quad

・内蔵レンダリングプリセット

Blenderのものに準拠

・マテリアル

Glossy、Matte、MatteTranslucent、Metal、Mix、Null、Car Paint、Glass

・ライト(Distant、Spot、Point、Sun、Projector)

SunライトはSun/Sky分離可能、スポットライトはProjectorとして利用可能

・エミッター

ゲイン、カラー、色温度、テクスチャ

【組み込み予定のもの】

・ボリュームエディタ

ボリュームをどのように管理するか思案中。独自ノードに入れるとシーンが汚くなりそうなので、シーンデータとして実装したほうが良いかも知れません。

・BoundVolume

局所的なボリューム。雲や煙など。マテリアルとして実装したほうが素直かも知れないです。

・マテリアル(GlossyTranslucent、Mirror、Velvet、ShinyMetal、RoughGlass、Glass2)

Glass2はボリュームが必須ですが、それ以外はわりと早く組み込めそうです。

・マテリアルプリセット

XML形式で外部にエクスポートすることを考え中。

・ライトポータル

これもBoundVolumeと同様、マテリアルによる実装が無難かも。

そういえばRealityプラグインの作者からニュースレターが配信されてきました。次期アップデートのための意見を募集しているようなことを書いてありました。言ってもなかなか聞かないくせに。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

|

« プラグインを作成中(その2) | トップページ | プラグインを作成中(その4) »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラグインを作成中(その2) | トップページ | プラグインを作成中(その4) »