« LuxRenderDS: Version 0.7.2.5を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 肌の表現 »

LuxRenderDS: ハイブリッドモード

Asia_gpu

LuxRenderはnVidiaやATIのグラフィックボードにOpenCLをサポートするドライバを使用することによって、CPU+GPUのハイブリッドモードでレンダリングすることができます。このハイブリッドモードはLuxRender 0.8から正式サポートとなっていて、使用するにはOpenCL版のLuxRenderが必要です。

ということで、ハイブリッドモードのレンダリング設定を追加したLuxRenderDSをアップしました。今回のバージョンは0.7.2.6となります。連日のバージョンアップで申し訳ありません。ブログネタにしたかったもので。(;´▽`A``

なお、今回のバージョンではSunライトの設定値が保存されないバグを修正してあります。

上の絵はハイブリッドモードで30分レンダリングした結果です。このように屋外のシーンではCPUだけでもノイズが目立たないのですが、わずか30分でここまでクリアな結果を得ることができました。

Breakfast_5min

窓から差し込む太陽光のみで構成される室内のシーンでは、ほとんど間接照明だけになるため、レンダリング時間がとても長くかかる傾向があります。こちらは通常のMLT/Pathモードでレンダリングした場合とハイブリッドモードの比較です。両方ともレンダリング開始から5分後の様子ですが、縮小していても違いは歴然。サンプリング数で比較しても、ハイブリッドのほうは同じ時間で通常の3倍以上のパフォーマンスを得ています。GPU負荷は77~80%ほどでした。

Breakfast_gpu

ハイブリッドモードで2時間経過後の画像です。この時点でサンプリング数は2.5kS/pほど。今までは一晩かけて到達していたレベルですが、わずか2時間でここまでの結果が得られるとは正直驚きました。

ハイブリッドモードは現段階ではSurface Integratorに指定できるのがPathのみという制限がありますが、特に室内のシーンにおいてはその効果は絶大であると言えます。対応している環境をお持ちの方は是非一度試してみてください。(´∀`*)

|

« LuxRenderDS: Version 0.7.2.5を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 肌の表現 »

LuxRenderDS」カテゴリの記事

コメント

インスタンスやOpenCLなどにも対応されるとは、どんどんバージョンアップしていきますね。
今はまだ試せていないのですが、近いうちにぜひ使わせていただきたいと思っています。

投稿: Kotozone | 2011年6月21日 (火) 19時25分

Kotozoneさん、コメントありがとうございます。
自分で好きなように機能追加できるのが自作プラグインの醍醐味ですよね。Realityよりも少々マニアックな構造になっていますが、是非使ってみてください。(´∀`*)

投稿: とうふ | 2011年6月21日 (火) 19時59分

こんばんは。こっそりとLuxRenderDSの様子をうかがってますw
ハイブリッドモードは興味があって、手修正で自分のとこで試したことがあるのですが、GeForce GT 240ではCPUのみと大差無くちょとがっかりモードです。
とうふさんのとこではグラフィックボードは何をお使いですか?

投稿: GA-j | 2011年6月22日 (水) 01時38分

GA-jさん、コメントありがとうございます。
私の環境はCore-i7 875K + Radeon HD5770です。ハイブリッドだと間接光の多いシーンはGPUの負荷が上がる傾向にあるようです。屋外のシーンで15~20%、室内だと70~80%にもなります。もともと間接光はレンダリング時間が長くかかっていたので、私にとってはとても嬉しい結果でした。(´∀`*)

投稿: とうふ | 2011年6月22日 (水) 19時47分

確かに今まで試していたのは屋外のシーンばかりでした・・・。
LuxRenderDSを使って屋内のシーンを作成して試したところ、5分程度の計測でもS/pはダブルスコアになり、GPU Loadも80%前後でした。
正直こんなに変わるとは思ってなかったので、嬉しいかぎりです。
LuxRender自体のGPU対応はまだファーストステップということらしいので、さらにレンダリング時間短縮が期待できそうですね。
グラボ新しいの買っちゃおうかなと思っちゃうくらいです^_^

テストシーンをみんなの環境で計測してパフォーマンスを表にするとグラボ買い変えの目安になるかも?w

投稿: GA-j | 2011年6月23日 (木) 02時07分

GA-jさん、効果が確認できたようで良かったです。(´∀`*)

まだ対応するIntegratorが少ないのが難点ですが、目に見えて効果が出るので今後にも期待大ですよね。

テストシーンの比較も面白そうですね。でも共通で使えるシーンを準備するのが大変そう。(;´▽`A``

投稿: とうふ | 2011年6月23日 (木) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LuxRenderDS: Version 0.7.2.5を公開 | トップページ | LuxRenderDS: 肌の表現 »