« LuxRenderDS: 水の作り方 | トップページ | LuxRenderDS: 霧の作り方 »

LuxRenderDS 0.7.1.0を公開

Lrds_furniture1

LuxRenderDSを更新しました。今回は細かいバグの修正や若干の変更をおこないました。ボリュームやマテリアルのAbsorptionを補色で指定できるようにしたり、シーン全体のボリュームを指定できるようにWorld Volumeのオプションを設けたりと、ボリューム関連の追加が主な内容です。

ダウンロードはこちらです。(Downloadページにリンクを移しました)

【今回の変更点】

・Output Folderの選択ボタンが効いていない問題を修正。
・Output Folderに何も入力されていない場合の対処。
・Absorptionに補色を指定するオプションを追加(Complementary Color)。
・World Volumeを指定できるようにしました。
・Volume Integratorを選択可能にしました。
・デフォルトのVolume Integratorをmultiからsingleに変更。
・レンダリングプリセットにSPPMを追加(対応しているLuxRenderが必要)。
・マテリアルタイプを変更したとき、色とテクスチャを自動設定するように変更。

以上、あまり大きな修正ではないですが、霧を出したりする場合にはWorld Volumeを指定できたほうが便利です。World Volumeとはデフォルトのボリュームのことで、InteriorまたはExteriorが指定されていない場合、このWorld Volumeで指定したボリュームが使われるようになります。

マテリアルタイプ変更時の自動設定に関しては賛否両論あると思いますが、試験的に導入してみました。

|

« LuxRenderDS: 水の作り方 | トップページ | LuxRenderDS: 霧の作り方 »

LuxRenderDS」カテゴリの記事

コメント

とうふさん、更新ありがとうございます。
0.7.1.0での修正を確認しました。

マテリアルタイプ変更時の自動設定、いいですね。Absorptionの補色オプションも有難いです。

LuxRenderを使い始めてみて、32bit版Windowsでは厳しいというのが分かってきました。V4単体だけなのにRuntime Errorで落ちます。(Elete Textureを適用しただけなのに・・・orz)

すぐにOS入れ替えはできないので、とりあえず落ちないような簡単なシーンで基本的な使い方を押さえようと思います。

ps.
LuxRenderDS掲示板、用意して頂いてたんですね。今、気付きました。(^^;
次回からは、そちらへポストします。

投稿: ほーく | 2011年6月14日 (火) 06時41分

ほーくさん、コメントありがとうございます。
LuxRenderのメモリ使用量については、もう少し調べてみることにします。レンダリングパラメータの指定である程度軽減できれば良いのですが、メッシュ出力のしかたを工夫することでもなんとかならないかと考えています。(;´Д`)

投稿: とうふ | 2011年6月14日 (火) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LuxRenderDS: 水の作り方 | トップページ | LuxRenderDS: 霧の作り方 »