« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

IBLを使った屋外のシーン

Cbcanyon01

今年も残すところあと3日ほどになりました。今年も1年が過ぎるのがとても速かったです。明日あたりが仕事納めという会社も多いことでしょうね。このブログを見てくださっている皆様方、今年もありがとうございました。

さて今回はIBLを使った屋外照明について書きたいと思います。IBLは環境光の設定が省けるのでとっても楽にリアリティが出せるので、私も重宝しております。ということで今回は私がよく使うライティングをご紹介したいと思います。

今回のモデルにはちびベルを使います。V4に比べて軽いし髪も透過を使っていないのでレンダリング時間が短くてすみます。テストシーンにぴったりでございます。(´∀`*)

続きを読む "IBLを使った屋外のシーン"

| | コメント (2)

Carraraで地形を作ってみた

C8_tutorial001

今日はクリスマスイブですが、我が家ではケーキもチキンもなく、いつもと同じ日常を過ごしております。近所のスーパーの駐車場は車で溢れかえっていまして、あれ見たら買い物する気も失せてしまいます。(;´∀`)

それはさておき、ちょっと気が向いたのでCarraraをいじってみました。Carraraを使った作品はわりと見かけるのですが、使い慣れない身にとってはチュートリアルのような記事が欲しいところです。でもググってもなかなか見つからないんですよね。(;´Д`)

いろいろ探してみたら、わりと優れたチュートリアルを発見したので、その内容どおりに作ってみたのがこの画像です。Carrara4がベースなのですが、ウィンドウのレイアウトが少し違うぐらいでCarrara8でも通用しました。地形の作り方、Realistic Skyの使い方、シェーダーの使い方など、基本的な事柄についてスクリーンショットを交えて丁寧に解説してありました。

このチュートリアルはここからダウンロードできます。(PDF形式)

あとは空をなんとかしたいなぁ。(´・ω・`)

| | コメント (0)

ソフトライトを使った室内照明(その4)

Garage_sm

さて、3回にわたって室内照明をご紹介してきましたが、今回は総仕上げとしてポストワークをしたいと思います。ポストワークとはいわゆるレタッチのことでして、レンダリング結果の画像をGIMP等で加工することで、より深みのある画像にしていく作業のことです。

「レタッチは邪道だ」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実際はガンマコレクションやグロー処理などはレンダラーの処理の中でレタッチと同様のことをしているわけでして、同じソフトでやるか別のソフトでやるかの違いしかありません。破綻したポリゴンをレタッチで修正するのだって、立派なテクニックのひとつです。(´∀` )

ということで、今回は明るい部分をにじませる「グロー処理」をして仕上げたいと思います。この画像ではポストワークで窓の外や蛍光灯が発光しているように見せています。

続きを読む "ソフトライトを使った室内照明(その4)"

| | コメント (0)

ソフトライトを使った室内照明(その3)

Greatroom_s

注文しておいたスカパーHDのチューナーが届いたので、古いチューナーと入れ替えました。パナソニック製のHDD内蔵チューナーが発売になり、評判も良いことから思い切って乗り換えてみました。さすがにHDは綺麗ですねー。画質が悪いだの何だのといろいろ妙な噂があったんですが、あれだけ綺麗に見えれば満足です。ヽ(´ー`)ノ

さて、今回も室内照明の続きです。前回までで環境光と太陽光、スペキュラまで設定が終わっていますので、今回は反射光(バウンスライト)です。

続きを読む "ソフトライトを使った室内照明(その3)"

| | コメント (2)

ソフトライトを使った室内照明(その2)

Wreath

今日は前回の続きで、Great Roomのライティングに関しての記事です。前回は環境光の設定を行いましたので、今回は太陽光と光沢を設定していきたいと思います。

続きを読む "ソフトライトを使った室内照明(その2)"

| | コメント (0)

ソフトライトを使った室内照明(その1)

Breakfast2s

いつの間にか師走も半ばを過ぎ、いよいよ年の瀬が迫ってまいりました。今年も残すところあと10日あまり、忙しい日が続きますが、みなさま体を壊さぬように師走を乗り切りましょう。(;´∀`)

さて、今回はUberSoftLightingKitを室内照明に使ってみたいと思います。室内照明というのは意外と面倒で、間接光のオンパレードでございます。従ってIndirect Lightを使うのが自然なライティングを得る一番の手段なわけですが、Indirect Lightを使うとレンダリング時間が鬼のように長くなるという欠点があります。

従って、現実的なレンダリング時間で済ませるためにはスポットライト等を駆使して間接光を模倣する必要があるわけですが、これもかなりコツが必要である上にライトの数も増えてしまって、後で調整するのがとても大変になります。(´・ω・`)

UberSoftLightingKitはそういう場面で威力を発揮します。間接光のような柔らかい光を、1つのライトだけで表現できてしまいます。今回はこのUberSoftLightingKitを使って、「Dream Home: Great Room」の照明をしてみることにします。

続きを読む "ソフトライトを使った室内照明(その1)"

| | コメント (2)

和を以って貴しと為す

今回は3Dの話題ではないです。興味のない人はスルーしてください。(;´∀`)

いろいろとお騒がせな話題で報道を賑わせている阿久根市長。そのリコールが成立したようです。私自身はまったく縁のない話なんですが、翻弄されている住民の方はどんな気持ちでこの結果を受け止めているのでしょうか。

「和(やわら)ぐを以って貴しと為す」は8世紀に編纂された日本書紀の中の、聖徳太子の十七条憲法に出てくる言葉です(聖徳太子という人物については近年その存在が疑問視されつつありますが・・・)。 これは決して「馴れ合い」をよしとする意味ではなく、「徹底的に議論して、皆が納得する結論を得よ」という意味だそうです。

最近のニュースを見ていると、私の中でこの言葉が脳裏に浮かぶことが多くなりました。私は政治や経済に関しては全くの素人ですので、国や地方が行う政策についてはこのブログで取り上げるようなことはありません。でも最近の私たち日本人は、もう一度この言葉と向き合ってみる必要があるのかも知れません。

続きを読む "和を以って貴しと為す"

| | コメント (0)

Miki3が発売

Miki3_3

いよいよ待望のMiki3が発売されました。たしか最初のリリースは5月だったと思いますので、半年ほど遅れての発売になったようです。プロモ画像などを見てかなり期待していたフィギュアだったのですが、期待しすぎだったかも知れません。(;´∀`)

このMiki3はPoser8で搭載されたカプセル型影響範囲を使っています。そのため、残念ながらPoser7やD|Sでは正常に動作しません。付属品は2種類の髪と、この画像で使っているような服が1セット(スカートとズボンが選択可)だけです。

カプセルジョイントを使っているということで、関節の変形にはかなり期待していたんですが、特に自然に変形するというわけでもなく、「これなら普通のジョイントでよかったんじゃないの?」と思わせる程度の出来栄えでした。Miki2とそれほど変わらない・・・。(´・ω・`)

続きを読む "Miki3が発売"

| | コメント (4)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »