« MT Mirror | トップページ | Poser8にアップグレード&MirrorMTの修正など »

MT Mirror(その2)

Mirrormt

昨日から取り掛かったスクリプトですが、意外とあっさり動いたので暫定公開します。

やはりスクリプトですので速度面での不利は否めません。試しに総当りの方法で対称頂点を見つけようとしたら、いつまでたっても終わらないという結果に。(;´Д`) まぁ少し計算すればわかることなんですが、1パーツの頂点数が2000だとすると、全頂点を総当りで検索すると400万回ループになるわけで、そういう結果になるのも納得でございます。(´・ω・`)

というわけで検索ロジックを見直した結果、一応実用的な速度になったかなと。(;´▽`A``

Mirrormt_screen

まだ「とりあえず動く」という程度ですので、あまり凝った設定はできません。また、パーツ毎にしか実行できませんので、パーツをまたがるFBMのようなモーフの場合はパーツ単位で1つずつ実行してあげる必要があります。このへんは後で対応したいです。

ダウンロード MirrorMT_080b.zip (19.3K)
ダウンロード MirrorMT_081b.zip (20.0K)
11/28更新:Version 0.81 beta

スクリプト化したことで便利になったことは、いちいち基準頂点をOBJで書き出さなくてもフィギュア内部のジオメトリデータを参照するので手間がかからないことですね。Hexagon Bridgeで片側だけモーフを作って、反対側にも反転コピーするという手順がD|S内部で完結できるようになったのは良かったです。(´∀`*)

|

« MT Mirror | トップページ | Poser8にアップグレード&MirrorMTの修正など »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

即日で作ってしまうなんてすごいですねw(゚o゚)w
HEXAGONとの組み合わせで問題なく動作しました。
私も複数選択したオブジェクトをまとめてXtrans+5とか移動させるスクリプトがあれば便利かなと考えてみたのですが、それをスクリプト化する部分がさっぱりです。こういうのを勉強するには、JAVAの本などが参考になるのでしょうか?

投稿: Kotozone | 2010年11月28日 (日) 14時10分

Kotozoneさん、コメントありがとうございます。
動作報告もいただきまして、大変助かります。Daz ScriptはJavaやC#の文法に近いので、わりと習得しやすいと思いますよ。D|S用のクラス構成も整然としていてわかりやすいです。

D|SやPoserの内部動作の仕組みを知らないと苦労しますが、私は他の人が作ったスクリプトを参考にしたりしながら作ってます。(;´∀`)

投稿: とうふ | 2010年11月28日 (日) 15時14分

とうふさん♪
素晴らしいスクリプトをありがとうございます♪

DazStudio4.6.2でも
スクリプト自体は動いたのですが、
リンク記事のように不具合が出ています。
これは、バージョンが違うからでしょうか?
私のマシンの不具合でしょうか。

投稿: 天川和香 | 2014年2月17日 (月) 06時19分

天川和香さん、コメントありがとうございます。
年末年始からの忙しさでブログの更新が滞ってしまっています。(;´▽`A``
MirrorMTの件ですが、D|S4.6.1以降からレガシーフィギュアを扱う方法が変更になったようで、これまでのスクリプトが全く動作しないようになってしまいました。この問題については把握しているのですが、情報不足から代替方法が見つからず、なかなか修正できずにいます。
モーフのミラーリングができないと個人的にも大変困るため、修正したいとは思っていますが、時期が見通せません。
申し訳ありません。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

投稿: とうふ | 2014年2月17日 (月) 19時20分

お忙しいんだろうな、というのは見ててわかりますから、ご無理なさらずに♪

こういうツールがあって、更新される予定がある、というだけで嬉しいですから♪
感謝しております。

投稿: 天川和香 | 2014年2月17日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MT Mirror | トップページ | Poser8にアップグレード&MirrorMTの修正など »