« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

Poser8にアップグレード&MirrorMTの修正など

Fairy_s

KotozoneさんのブログでPoser8(英語版)の半額セールの情報をいただきまして、さっそく購入してきました。私の持っているPoser7は日本語版なのですが、翻訳ソフトで直訳したような変な日本語ですし、それに何よりも出力ファイル(cr2など)にも日本語が含まれるという、非常に困った仕様になってます。

そのため、以前から英語版が欲しいとは思っていたので、ちょうど良い機会でした。私が購入したのはアップグレード版で、購入時にシリアルを要求されるのですが、日本語版Poser7のシリアルでも問題なく購入できました。いろいろと新しい機能があるので楽しみです。ヽ(´ー`)ノ

それから、先日アップした、モーフの左右反転スクリプトを少し修正しました。

続きを読む "Poser8にアップグレード&MirrorMTの修正など"

| | コメント (6)

MT Mirror(その2)

Mirrormt

昨日から取り掛かったスクリプトですが、意外とあっさり動いたので暫定公開します。

やはりスクリプトですので速度面での不利は否めません。試しに総当りの方法で対称頂点を見つけようとしたら、いつまでたっても終わらないという結果に。(;´Д`) まぁ少し計算すればわかることなんですが、1パーツの頂点数が2000だとすると、全頂点を総当りで検索すると400万回ループになるわけで、そういう結果になるのも納得でございます。(´・ω・`)

というわけで検索ロジックを見直した結果、一応実用的な速度になったかなと。(;´▽`A``

続きを読む "MT Mirror(その2)"

| | コメント (5)

MT Mirror

Xray3a

Hexagon Bridgeを使っていろいろと自作モーフを作っていますが、たとえば左足のモーフを右足にも適用したいとか、そういうことって多々ありますよね。(;´Д`)

PoserフィギュアのモーフはOBJの頂点インデックスで管理されているので、当然ながら右足と左足では別オブジェクトになりますので頂点の順番も異なります。つまり反転コピーするためには、「MTに含まれる頂点が対称位置にあるオブジェクトのどの頂点に対応するのか」という情報を持っていないことには話にならないわけです。。・゚・(ノД`)・゚・。

モーフターゲットを左右反転コピーするには、現状ではPoser++さんのMTMirrorやSHAPERといったフリーソフトを使う方法が一般的です。でも、そのための手順が恐ろしくめんどくさいのです。(´・ω・`)

続きを読む "MT Mirror"

| | コメント (3)

3Dテキストを作る

Logotest

いきなり寒くなりましたね。うちではついに石油ファンヒーターを使い始めました。猛暑の中でエアコンが壊れて泣く泣く買い換えたのがついこのあいだだったんですが、秋を感じる間もなく冬が来たような感じです。(;´Д`)

さて、サイトのロゴとか、ちょっとした小物なんかに3Dテキストを使えると便利ですよね。今回はBlenderを使って3Dテキストを作る方法について書こうと思います。OBJ形式でエクスポートすれば、そのままPoserやD|Sで使うこともできます。

続きを読む "3Dテキストを作る"

| | コメント (6)

フィギュアのロードと同時にマテリアルを適用する方法

Newbunny1

ブログのほう、少々放置気味になってしまってすみません。最近はレンダリングした画像をPixivのほうに投稿したりして遊んでます。(;´∀`)

DAZで購入した商品でD|S対応となっているもののうち、インストーラーがPoser用のものと共通になっているものがあります。そういう商品はほとんどの場合、D|S用のマテリアル設定スクリプト(.dsa)がPoser用ライブラリのPoseフォルダに同時にインストールされるわけですが、中にはフィギュア(Charactersフォルダ)にdsaが入っているもの(D|Sスクリプトのアイコン付き)があります。

このタイプのフィギュアはロードと同時にD|SのMATポーズが適用されるため、手間がかからなくて大変便利なのですが、残念ながらこれに対応しているものはまだ少ないようです。

「無いならば作ってしまおう」ということで、今回は上記のようにPoser用のCR2をロードするのと同時にD|S用のマテリアルを設定させるスクリプトを作る方法をご紹介します。

続きを読む "フィギュアのロードと同時にマテリアルを適用する方法"

| | コメント (12)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »