« DADさんのパンツをD|Sで使う | トップページ | ただいま復旧作業中 »

Realityプラグインがついに発売

Sp4ruins

以前からフォーラムで話題になっていたLuxRenderエクスポーター、Realityプラグインがついに発売になりました。定価が$79.95で思っていたよりずっと高くて驚きました。(;゚Д゚)
まだプラチナ会員のみの先行発売で、価格も$49.57と微妙なお値段。以前から発売を楽しみにしていたこともあって、さっそく購入してしまいました。今月もD|S関連でかなりお金を使っているので完璧に予算オーバーでございます。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

インストールするとRenderメニューに「Reality Render」が追加され、これを実行するとマテリアルやライトなどの設定画面が出てきます。マテリアルはD|Sの設定がLuxRender用に自動変換されて適用されますが、自動ではうまく変換されないものもあり、そういう場合は手作業でマテリアルを変換してやる必要があります。LuxRenderはもともと物理法則に基づいた光の挙動を計算しますので、マテリアルは最低限の設定項目しかありません。また、本来LuxRenderの機能の一つであるマテリアルの合成にもまだ対応していないようです。

次にライトですが、シーンにポイントライトを使っているとRealityプラグインの起動に失敗するようです。LuxRenderはポイントライトに対応していないので仕様なのかも知れません。また、Sunという名前でDistantLightを作成すると太陽光として認識され、太陽の位置にあわせたスカイライト(青空)が自動で設定されます。従って、屋外のシーンでは太陽光1つだけでもかなりリアリティのあるレンダリング結果が得られます。

LuxRenderはHDRIを使ったIBLにも対応しているのですが、残念ながらこのバージョンのRealityプラグインでは対応していないようです。今後のバージョンアップに期待です。

発売になったばかりでまだバグが残っているようで、使っているとたまに落ちることもあります。こまめにシーンを保存しながら作業するほうが無難です。バグ修正版は購入者を対象に無償でアップデートされる予定のようです。

今までBlender経由でLuxRenderにエクスポートするしかなかったのが、このプラグインのおかげで簡単にリアルなレンダリングができるようになりました。ノイズが目立たなくなるまでにはレンダリングに相当な時間をかける必要がありますが、それ以上にメリットの大きいプラグインだと思います。ヽ(´ー`)ノ

|

« DADさんのパンツをD|Sで使う | トップページ | ただいま復旧作業中 »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

まさかDAZが売るとは予想していなかったGenetica Pro 50%offの後だったので割安感がありました、いずれにせよ予算オーバーには変わりないのですが(w

投稿: T2 | 2010年8月28日 (土) 23時34分

T2さん、コメントありがとうございます。
Geneticaは欲しいですけどさすがに高くて手が出せません。まさにプロ向けのツールなので使いこなせる自信がありませんし。(;´Д`)
それに比べればRealityは安価ですが、LuxRender自体はオープンソースですし、もう少し控えめの値段でも良かったんじゃないかと思います。(´・ω・`)

投稿: とうふ | 2010年8月29日 (日) 06時58分

Poser用であればレンダロのフォーラムでフリーのエクスポーター(PoserPython)を開発中です。
http://market.renderosity.com/mod/forumpro/showthread.php?thread_id=2807395
http://www.renderosity.com/mod/rrwiki/index.php/LuxPose

投稿: T2 | 2010年8月29日 (日) 10時52分

おお、情報ありがとうございます。
これはPoser使いの人にとっては朗報ですね。見たところまだアルファ版らしいですが、今後が楽しみです。

投稿: とうふ | 2010年8月29日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DADさんのパンツをD|Sで使う | トップページ | ただいま復旧作業中 »