« IBLを使ったライティング(その1) | トップページ | Platinum Club Poses PLUS »

IBLを使ったライティング(その2)

Ibl_ty_00

eioさんからのリクエスト品、V4PoseToM4を作成し、アップしておきました。今回もPoser版を同梱してます。ダウンロード V4PoseToM4.zip (3.3K)

さて、昨日の記事の続きです。ちょっと趣向を変えて、この画像ようなシーンを作ってみることにしました。この画像で使っているHDRイメージはこちらのサイトで配布されているAlexs Apartmentです。

これをUberEnvironment2のプリセットにしたものをSkyDriveにアップしておきました。ライセンスはオリジナルに従い、Creative Commonsとなります。

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License

今回は室内の画像をそのまま背景として使いますので、UberEnvironment2の子になっているEnvironment Sphereのパラメータ、「Visible in Render」をONにし、背景もレンダリングされるように設定しています。

Ibl_ty_01

UberEnvironment2に、このプリセットを適用してレンダリングすると、このようにオレンジ色っぽい画像になってしまいます。これをベースにして背景とうまくマッチするようにライトを調整していくことになります。前回の記事でも書いたように、IBLはDiffuseのみにしか適用されませんのでSpecularもAmbientもまったく出ていません。かなり不自然な画像ですよね。


Ibl_ty_02

このままライトを追加していくとIBLの明るさにライトの明るさが加算されていくため、ライトの当たった部分が白とびするほど明るくなってしまいます。IBLは環境光として使いますので、UberEnvironment2の明るさを60%に落としてやります。また、Contrastを50%に落として明るい部分と暗い部分の光量の差を控えめにしておきます。レンダリングするとかなり暗い画像になります。


Ibl_ty_03

実際の光源があると思われる場所にスポットライトを配置していきます。今回はモデルの前方に2個設置しました。2つのライトがモデルに集中することになるため、明るさを30%に設定しています。モデルに照射される光の強さは30%+30%=60%となります。IBLが60%ですが暗めの画像なので、合わせても100%を超えません。影はレイトレースに設定しています。


Ibl_ty_04

試しにこのままレンダリングしてみます。スポットライトが加わったことでSpecularとAmbientが出てきますので、IBLだけの時と比べてかなりリアリティが出てきますね。


Ibl_ty_05

モデルの後ろのほうにもライトがあるので、ここにもスポットライトを追加します。かなり大きいライトですし、カメラとの距離も近そうですので、明るさは100%のままにしておきます。ちょうどバックライトのような効果が出そうです。


Ibl_ty_06

ここまでのライティング設定でレンダリングした結果です。だいぶ違和感がなくなって、実際に部屋の中で撮影したような雰囲気が出ていますね。今回はこれで完成とします。UberEnvironment2のQualityプリセットから4X Hiを適用し、レンダリングして最終画像を得ます。ヽ(´ー`)ノ


Ibl_ty_final

部屋の中が少し暗いので、Gimpでトーンカーブを調整して明るくしてみました。私は画像の白飛びをなるべく抑えるために暗めのライティングでレンダリングし、Gimpで明るさを上げて最終調整を行うことが多いです。ソフトフォーカス等の効果をかけると明るくなる傾向があるので、暗めの画像にしておいたほうが都合がいいということもありますし。(;´∀`)

UberEnvironment2は擬似光源ですので、ライトとモデルの間に壁などの障害物があっても、AOの判定距離さえ短くしてやれば障害物を素通りして光が届きます。つまり、壁に囲まれた室内のシーンでも使うことができるわけです。とても使いやすいライトですよね。

|

« IBLを使ったライティング(その1) | トップページ | Platinum Club Poses PLUS »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

とうふさん こんばんは
早速作って頂いてありがとうございます。 インストールしまして試したら
V4のポーズ再現出来てます。
やっぱV4のポーズが多いので これは
便利ですね。 ありがとうございますです。

投稿: eio | 2010年7月17日 (土) 00時17分

eioさん、コメントありがとうございます。
使っていただけてうれしいです。
M4はV4と違って肩幅が広いので、M4に適用すると腕の位置などがちょっとずれる傾向があるようですね。(;´∀`)

投稿: とうふ | 2010年7月17日 (土) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IBLを使ったライティング(その1) | トップページ | Platinum Club Poses PLUS »