« DAZ Studio 3.1がリリース | トップページ | スクリプトで遊んでます »

Windows7(64bit版)にしてみた

Win7_64test1

Windows7を買っちゃいました。過去にVistaを買って一週間でXPに戻した経験があるだけに少し不安ではあったのですが、身近で使ってる人の評判はわりと良いので、気になってました。

恥ずかしながらCore2シリーズが64bitに対応してるということをつい先日まで知りませんでした。64bit版のOSを使うメリットは、なんといってもメモリをたくさん搭載できることに尽きます。特に3DCGのレンダリングはメモリをありったけ使い切るので、多いに越したことはありません。ということで、意を決してProfessional版を購入しちゃいました。(;´∀`)

インストーラはVista同様とてもよくできていて、最小限の情報を入力するだけで、あとは自動的にセットアップしてくれます。XPと比べてインストールに要する時間はかなり短縮されています。インストール先のパーティションを指定が終わると、あとは最後にプロダクトキーを入力する画面が出るまで放置でよいので楽ですね。ヽ(´ー`)ノ

私の環境だとドライバ類はすべてWindows7付属のもので間に合いましたが、グラボだけはメーカーのものをインストールしないとOpenGLが使えないらしく、D|Sが起動できませんでした。

最初D|Sの64bit版のみをインストールした状態でPoseworksのシェーダーをインストールしたんですが、今までのXPではD|S2、D|S3 32bit、D|S3 64bitをそれぞれ選択するチェックボックスが出ていたのに、その画面が出ずにインストールが終わってしまいました。なんか不安なので試してみたら、案の定まったく動作しませんでした。

D|S3は32bit版と64bit版が共存できるので、試しに32bit版のほうもインストールしてみたら、今度はインストール時にチェックボックスが出てきて正しく動作するようになりました。どうやらインストーラのバグみたいですね。pwToonとか使おうと思ってる人は要注意です。(;´Д`)

まぁDynamic Clothプラグインとかは未だに64bitに対応していませんし、どっちにしても両方インストールする羽目になるので64bit版だけをインストールしてる人は少ないんでしょうね。

それからPoserのライブラリにアクセスしようとしたときに10秒ぐらい固まる現象がおきて、少し焦りました。どうやらWindows7は長時間使ってないハードディスクドライブの電源を勝手にOFFにしてしまうようです。再度アクセスしようとしたときに、HDDが「ういーん」と音を出して回転しはじめて気がつきました。HDDの起動待ち時間だったんですね。これは知らないとちょっとびっくりします。

さて、またアプリとかインストールしなおさないといけません。フォルダ構成とかスタートメニューとかエクスプローラーとか劇的に変わってしまっていて違和感ありまくりです。(´・ω・`)

|

« DAZ Studio 3.1がリリース | トップページ | スクリプトで遊んでます »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DAZ Studio 3.1がリリース | トップページ | スクリプトで遊んでます »