« AOの影を捕まえる | トップページ | ちびベル用セパレート水着など »

tdlmakeでSkymapを自作する

Skymap1930

DAZ Studioはレンダリングに3Delightを使用していますが、この3Delightにはtdlmakeというテクスチャ作成用ユーティリティが付属しています。D|Sも3Delightですのでちゃんと付属していて、D|Sのインストール先にあるbinフォルダの中に入っています。

このtdlmakeはUberEnvironment2用のIBLマップ(TIFF形式)を作成するときなどに使うのですが、実は日付や時刻を元にした太陽の位置などを考慮したスカイマップを作成する機能も持っています。こんな感じのHDR画像が作成されますので、そのままIBLに使うことができます。

ただし、UberEnvironment2はtdlmakeで作成されたTIFF画像をそのまま使うと正しい方向から光が当たってくれません。バグなのか仕様なのかは不明です。HDR Shop等のツールで作成したFloating Point TIFFなら問題なく使えるんですけどね・・・(´・ω・`)

tdlmakeはコマンドライン用のツールですので、コマンドプロンプトから実行することになります。スカイマップを作成するには、

tdlmake.exe -skymap [経度],[緯度],[タイムゾーン],[日付],[時刻],[天候] 画像ファイル名

という感じにパラメータを指定します。
緯度経度は地球上の位置を度で指定します。タイムゾーンは世界標準時からの差で、日本ならUTC+9ですので9を指定します。日付は1月1日から数えた日数、時刻は12:30であれば12.5と指定します。天候は2~10までの範囲で、2が晴天です。10を指定しても雲が描かれるわけではなく、空の透明度(?)が変化するようです。

たとえば、6月16日午後5時の東京の空を作るなら次のように指定します。

tdlmake.exe -skymap 139.46,35.4,9,167,17,2 skymap.tif

実際に作成されるスカイマップの太陽の位置などが正しいかどうかは検証できていませんが、わりとそれっぽくできる感じです。真っ青な空と真っ黒な地面だけですので、IBLだけでレンダリングするとかなり青い画像になってしまいます。このあたりは明るさやコントラストを調整して合わせるしかないです。

これで作ったスカイマップをUberEnvironment2で使う場合ですが、Picturenautというフリーソフトで読み込んでからTIFF形式の無圧縮で保存しなおすと正しい方向から光が当たるようです。HDR Shop 1.0だとエラーが出て読み込めませんでした。ahEnvironment V3ならそのまま使っても問題ありません。

Skymap10tokyo

こちらは6月16日午前10時の東京という設定でスカイマップを作ってレンダリングした結果です。Distant Lightを1つ、太陽光として使っています。全体的に青っぽくなるので、Distant Lightを白に近いオレンジで設定しています。あまり時刻とか厳密にする必要はなさそうですね。(;´∀`)

|

« AOの影を捕まえる | トップページ | ちびベル用セパレート水着など »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
D|Sのレンダラー3Delightってこんなこともできるんですね。知りませんでした^^;

Distant Light+UberEnvironment(空色のアンビエント)という使い方は
良くするのですが、それに近い感じですね。

CarraraのRealisticSky+SunLightみたいに光源の向き、強さが追従できれば、
よりリアル感が増す気がしますが、そこはtdlmakeと同じパラメータでライトの
設定を作り出すしかないのかなぁ、と。

D|Sに手を出してからちょくちょくブログ拝見させてもらってます。
わからないことだらけなので助かってます^^

投稿: GA-j | 2010年6月17日 (木) 05時41分

GA-jさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
さすがにCarraraのような自在さはありませんけど、付属のツールで作れてしまうところは便利ですよね。数種類作っておけばDistant Lightの向きだけでごまかせそうです。(;´∀`)

思いつきで記事を書いてるので参考になるかどうかアレですけど、見に来ていただけて嬉しいです。

投稿: とうふ | 2010年6月17日 (木) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AOの影を捕まえる | トップページ | ちびベル用セパレート水着など »