« ベレッタM92 | トップページ | DAZ Studio 3.1がリリース »

魔方陣を作る

Arcane_circle1

DeviantARTにはフリーで使えるGIMPやPhotoShopのブラシやパターンなどが多数登録されていますが、その中にGIMPで使える魔方陣のブラシがあったので、使ってみることにしました。

このような魔方陣は普通のPlaneオブジェクトにGIMPのブラシで作ったテクスチャを貼り付けるだけで、簡単に作ることができます。


 

Arcane1

まずGIMPで適当な大きさの正方形の画像を作り、背景画像を光の色で塗りつぶします。次に新しいレイヤーを追加してブラシツールで好みの魔方陣を白で描きます。今回は青白い光を出すことにしましたので、このような画像を準備しました。作成した画像はテクスチャ用にJPEGで保存しておきます。


Arcane1_t

次に、背景画像を黒で塗りつぶして透過マップを作成し、同じようにJPEGで保存しておきます。これでテクスチャの準備は完了です。


D|Sを起動し、Planeオブジェクトを作成します。大きさはお好みでかまいませんが、今回は1m四方のサイズにしました。

最後にPlaneオブジェクトのシェーダーを設定します。Diffuse ColorとAmbient Colorには、背景を青で作ったほうのテクスチャを指定します。Diffuse Strengthは0%、Ambient Strengthは100%に設定しておきます。Opacityには背景を黒で作成したテクスチャを指定します。Specularは黒もしくは0%に設定し、光沢が出ないようにします。

以上で魔方陣は完成です。今回の画像では魔方陣の中央にPoint Lightを設置して光が出ているように見せています。最初は魔方陣を面光源に指定してみたのですが、Planeオブジェクトの裏面からは光が出ませんし、Sampleを大きくしてレンダリング品質を上げないと綺麗にレンダリングされませんので、お手軽にポイントライトで代用しました。(;´∀`)

DeviantARTには他にも3DCGで有用なブラシやテクスチャが多数登録されていますので、無料アカウントを作っておくと簡単な素材を調達するのに便利です。ヽ(´ー`)ノ

|

« ベレッタM92 | トップページ | DAZ Studio 3.1がリリース »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベレッタM92 | トップページ | DAZ Studio 3.1がリリース »