« IBLライトの比較 | トップページ | IBL用の画像作り »

ボロボロ血しぶきシェーダー

Cbrustandclack1

DAZの父の日バウチャーをゲットしたのは良いものの、使用期限が現地時間の6/21までということで、今日中に使ってしまわないと消えてしまいます。使うとはいってもこのバウチャーはプラチナクラブ商品には使えませんし、適用できるのが商品価格の半分までという制限もあるため、とても悩みどころの多いバウチャーですね。(;´Д`)

とにかく使わないともったいないので、少々高いですけどHybrid Grunge Bundle for DAZ Studioを買うことにしました。こんなふうに服を汚したりボロボロにしたりすることができる、面白いシェーダーです。

私が購入したのはDAZ Studio版ですがPoser版も出ています。このシェーダーはセカンドスキンのように、現在適用されているマテリアルの質感そのままで、汚したり穴を開けたりできるので、使い勝手はとても良いです。

ただし、あくまでも汎用シェーダーですのでテクスチャのUV継ぎ目などは一切考慮できません。そのためV4等のフィギュア本体に使うと、テクスチャの継ぎ目が目立ってしまうという欠点もあります。服とか小道具に使うとシーンによってはリアリティが出てとても良い感じになります。ヽ(´ー`)ノ

V4undernormal

こちらはGore-Domというスプラッターなシェーダーを適用したところです。かわいい天使が一瞬にして殺人鬼になってしまいます。(;´∀`)

今回は使いませんでしたが、金属を錆びさせるシェーダーと、ひび割れを作るシェーダーもセットになっています。血しぶきはたぶん使いどころが(私は)少ないと思いますけど、錆びシェーダーのほうはいろんなシーンで重宝しそうです。

|

« IBLライトの比較 | トップページ | IBL用の画像作り »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IBLライトの比較 | トップページ | IBL用の画像作り »