« 流体シミュレーション(その3) | トップページ | ダー○ィーペア »

V4のポーズをちびベルに

V4tocb4去年から調子が悪かったうちのハードディスクですが、いよいよダメになってきたっぽいので、ついに交換しました。・゚・(ノД`)・゚・。

Hitachiの2TBに変更したんですが、以前使ってたものよりアクセス音がかなり大きいです。容量は十分なのですが、ちょっと気になります。(´・ω・`)

Cドライブを丸ごと交換なので、死にかけた旧ドライブからファイルをコピーしたりアプリをインストールしなおしたりで、完全復旧は明日以降になりそうです。。。orz

今日はブログのネタも準備できそうにないので、昨日作ったスクリプトについて書くことにしました。V4のポーズをちびベルに使いまわすスクリプトです。

V4のポーズをV3やA3に適用してみたことがある人ならわかると思うんですが、そのまま適用すると間接の向きがおかしくなりますよね。指が変に反り返ってしまったり、足が変な方向に向いてしまったりとか。

理由は簡単で、V4というのはゼロポーズした時に間接が少し曲がっているからです。親指の回転軸も違いますので、単純に適用するとそうなってしまうわけですね。

ちびベルの骨格はどちらかといえばA3やV3に近いです。なのでA3用のポーズなんかだと、わりと近いポーズをとれるので修正が楽なんですが、最近はポーズといえばV4用が圧倒的に多いですし、貧乏性の私としては使いまわししたいなーと常々思っていました。(;´∀`)

使いまわすためには、ちびベルにV4のポーズを適用したあと、ゼロポーズした時の間接の回転値をオフセットとして加えてやれば良いわけです。問題がひとつあって、ちびベルはhipとThighの間にButtockが入ってますが、V4ではhipから直接Thighにつながっています。このため、Thighの回転値をButtockとThighに分ける必要が出てきます。

いろいろ実験してみた結果、Thighの回転値を半分に分けてButtockに割り振ったほうが見た目が良くなるようです。Buttockの場合、Y軸(Side-Side)およびZ軸(Twist)はThighの値を加味しないほうが良いみたいですね。

ということで、スクリプトはこちら。
ダウンロード V4PoseToCB.zip (2.1K)

A3用も作ってあるのですが、そちらはまだ調整不足ですので・・・(;´Д`)

|

« 流体シミュレーション(その3) | トップページ | ダー○ィーペア »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

これ良いですね!!
私はChibibelは持っていないのですが、A3にV4のポーズを適用しようとして、指が変な方向に曲がってしまったことはあります。
V4toMiki2とか夢が広がりますね。

投稿: Kotozone | 2010年6月 1日 (火) 20時59分

Kotozoneさんコメントありがとうございます。
V4は有料/無料にかかわらずポーズが豊富なので、流用できると嬉しいですよね。ソースを見ると判るのですが、このスクリプトはとてもシンプルですので、他のフィギュアに合わせるのもそれほど難しくないと思います。

もし改良してみたい方がいましたら再配布も含めてご自由にお使いください。この程度のスクリプトに権利とかうるさいこと言いませんので。(;´∀`)

投稿: とうふ | 2010年6月 1日 (火) 22時57分

CBが身に着けているものにも、きになっちゃったりするのですが!

投稿: DAD | 2010年6月 2日 (水) 00時01分

DADさんコメントありがとうございます。
この画像のちびベルですが、実は裸です。テクスチャでビキニの模様を描いただけの超手抜きです。(;´∀`)

ちびベルのUVは前後に分かれている上に、つなぎ目付近のUVの歪みが大きくてペイントするには不向きなのが残念ですよね。(;´Д`)

投稿: とうふ | 2010年6月 2日 (水) 01時01分

せっかくユニバーサルポーズのシステムがあるんだから、スミス・マイクロがちびベル用のRepose.datを作ってくれればいいのに。

…というか、フィギュア自作派の為にRepose.dat作成ツールぐらい無償提供してほしいもんです。

投稿: サスケ | 2010年6月 4日 (金) 06時19分

サスケさんコメントありがとうございます。
ユニバーサルポーズってフィギュア共通のポーズだったんですね。Poser7に入ってましたけど、意味がわかりませんでしたが・・・(;゚Д゚)
どのような仕組みなのかちょっと興味が出てきました。

投稿: とうふ | 2010年6月 4日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流体シミュレーション(その3) | トップページ | ダー○ィーペア »