« 縛りつけてみた | トップページ | 芸術とか猥褻とか著作権とか »

TextureConverter2

Tc2test

昨日購入したTextureConverter2を使い、LM Perfect Resource for V4のサンプルテクスチャをそのまま変換してAiko3に適用してみました。テクスチャの継ぎ目なども目立たず、ほぼそのままの形で変換してくれますね。驚いたことにMATポーズまで作れるようですが、今回は手動でテクスチャなどを設定しました。


追記:なんかアクセス数増えてるなーと思ったら外人さんがたくさん来てました。いきなりダウンロードページに飛んでくるんだもの(;´Д`)。一応3DCG関連なのでまったく気にしてなかったのですが、外人さんから見るとアダルトコンテンツらしいですし、念のためDownloadページの内容を少し変更しました。

V4からA3ですのでフィギュアのジオメトリもまったく異なりますし、V4ではA3と違って手足が別テクスチャになっているなど、大幅な違いがあるにもかかわらず、かなり良い変換結果が得られて驚いています。

Tc2screen

V4→A3の変換はCore2Quad Q9550で4分半ほど。変換中は、途中経過の様子などをリアルタイムで表示してくれます。Seam(継ぎ目)の部分から変換し、そのあとで中を塗っていくようにして作成するようですね。処理を見ていると、ポリゴン単位でUVを変換しているようです。なるほど、ポリゴン単位なら変換に伴うUVの歪みも、最小限に抑えることができそうな気がします。よく考えて作られていますね。

A3に変換した際に気になった点について。眉毛が離れすぎています。これ、ひょっとしてV3の変換ロジックをそのまま流用してるような気がしないでもないですね。ポリゴン位置は同じでも、V3とA3では部位が異なるなんていう箇所もいくつかあるので、そのへんの違いを吸収するためにA3用とV3用でプラグインを分けているんだと思ってました。

でもいちばん目に付く乳房の下の部分はうまく変換されていますが、眉毛やお尻などはおそらくV3のロジックのままです。別プラグインとして販売しているのなら、この辺の違いまできちんと変換してくれるとありがたかったのですが・・・少し不満が残りますね(;´Д`)

まぁ完全に手直しなしで使えるとはもともと思っていませんでしたので、これだけ精度の高い変換をしてくれるなら及第点だと思います。ちなみにBumpマップは変換してくれませんので、Bumpを使いたいときはテクスチャとBumpを入れ替えるなどの工夫が必要です。

|

« 縛りつけてみた | トップページ | 芸術とか猥褻とか著作権とか »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縛りつけてみた | トップページ | 芸術とか猥褻とか著作権とか »