« TextureConverter2 | トップページ | ちびベルのコスチュームなど »

芸術とか猥褻とか著作権とか

閲覧しにくる外人さん用に、ダウンロードページにアダルト警告を追加しましたが、少し考えさせられるものがありますね。このブログは私の個人的な情報発信の場ですし、あまり堅苦しいことはしたくありません。(´・ω・`)

当ブログでは3DCGというカテゴリーを扱っています。フィギュアやテクスチャなどの紹介記事を書くときには、私はなるべく「あるがまま」の姿でとりあげたいと思っています。私はそのほうが読みに来てくださる人たちにとっても参考になるのではないかと考えているからです。ライティングやマテリアルを考えるときに肌のリアリティを求めたいと思うのは私だけではなく、リアル系CGが好きな人にとっては共通の思いだと思いますし、そういう人たちにとって少しでも参考になれば・・・と思っています。そういった個人の自由な創作活動によって3DCGという文化が支えられていると私は考えていますから。

肌のマテリアルを調整するとき、わざわざ服を着せてパラメータを調整する人は少ないと思います。ですから最近は記事の画像に、ヌードであっても特に断りもなく掲載しているわけですが、少なくとも日本の法律の定めるところによる、「公序良俗に反する」画像は掲載していませんし、これからも掲載するつもりはありません。扱っている画像は3Dの仮想空間内に作成された影にすぎませんし、影に人格などあるはずもないですからね。

しかし、Poser用のフィギュア(衣服やPropを含む)の中には、エロ目的での使用禁止を明確に示しているものもあります。著作権というものは、その著作物の利用方法にまで影響が及ぶという、とてもやっかいなものなんですね。どこまでの表現がエロなのか。これって意外とあいまいだと思いませんか?服を着ててもエロいものはエロいですし。(;´Д`)

単なるヌードでも、猥褻であると感じる人もいれば芸術だと感じる人もいるわけで、こういった曖昧さを残したまま著作権によって利用方法を制限されていまうと、これは自由な創作活動において障害としかなりえないのではないでしょうかね。個人用途における3DCGという文化の発展を望むのであれば、このような曖昧な制限をつけるべきではないと思うんですよ。

しかしながら、クリエイターが有償もしくは無償で提供してくれている素晴らしいモデルを利用するにあたっては、クリエイターの意向を尊重してあげることが大事なのは確かですね。このブログでも、権利者からのクレームがあれば該当記事を即時削除するつもりでいます。(ちびベル用テクスチャを一時公開停止にしたのはクレームではなく私の一存によるものです。)

ここで配布しているFreebieの中で、私が著作権を有する部分に関しまして、特に記載のないものに限り、非商用もしくは個人での使用において、その使途に対して特に制限を設けない方針です。発展的な改変やバグ修正などは大いに歓迎いたします。

|

« TextureConverter2 | トップページ | ちびベルのコスチュームなど »

雑感」カテゴリの記事

コメント

豆腐さんに私の考えを押しつけるつもりはありませんが、ちびベルやにあ☆みぃの裸体画を“非・年齢制限サイト”で公開している者として…

こちらから能動的に宣伝しているのでは無い限り、本来は英語での警告も不必要だと私は思っています。
(一応、海外サイトにウチのアドレスを紹介する場合は警告文をつけていますが)

ウチの場合は、日本国内で違法な画像はUPしてないつもりですし、日本人からのクレームも来ていません。
英語での罵倒メールは数件ありましたが、あからさまな捨てメアドばかりでしたので無視してます。
勝手に観に来て「(オレの国では)お前は最低の犯罪者だ」って言われてもね…

少女の裸婦画を描く為に、わざわざ日本に移住して来た芸術家も何人もいます。
日本国外の価値観を押しつけるのは止めてほしい物ですね。

ちなみに、児ポ法で非実在児童も規制されたら、私はサイト閉じます。

暗いコメントでお目汚し、失礼しました~。

投稿: サスケ | 2010年5月 4日 (火) 17時21分

サスケさんコメントありがとうございます。
児ポ法の規制強化に関しては私も同意見です。非実在の児童にまで規制の範囲が及ぶことは表現の自由に抵触するばかりか、クリエイターの創作意欲を著しく萎縮させ、わが国の芸術及び文化の発展に対して計り知れない損害をもたらすことになるからです。架空のキャラクターに年齢などありませんし、実在の児童に対する犯罪の誘発につながるとの見方は根拠が希薄であると考えています。

私はアニメやコミックは日本が世界に誇れる貴重な文化の1つだと思っています。内容が気に入らないから、低俗だからという個人の価値観を押し付けるかのように、国家が法律で規制するようなことは断固反対します。

ということで、形式的には警告文を記載しましたが、あまり気にしないことにします。(・ε・)

投稿: とうふ | 2010年5月 4日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TextureConverter2 | トップページ | ちびベルのコスチュームなど »