« まじめにポートレート(後編) | トップページ | TextureConverter2 »

縛りつけてみた

Gurugurumaki

POSER++さんで公開されている恐るべき縄巻きモデラー、GORDIAN KNOTを試してみました。Poser覚え書さんに紹介記事があったので、つい試してみたくなりまして。(;´∀`)
使い方も簡単で、ものの30分ほどでこんなふうにぐるぐる巻きにできます。操作性とかはメタセコに似てて、とても使いやすかったです。

さすがに普通のテクスチャ貼ってレンダリングするとブログにアップできなくなりそうなので、ちびベルには金属になってもらいましたorz

使ってみたい人はPoser覚え書さんに使い方が詳しく出てますので、そちらを参考にしてください。

今月のDAZのバウチャーが入ってたので、TextureConverter2 Bundleを購入。5月5日まで3割引なので、バウチャーが入ったら買おうと狙ってました。Aiko3プラグインも購入したので、これでA3とV4/A4の間 でテクスチャの流用ができるようになります。

実際の変換はまだ試してないのですが、テクスチャの加工用にレンダロでLM PERFECT RESOURCE KIT for V4も購入。このキットはDAZで販売してるマーチャントリソースキットよりも少しライセンス制限が緩和されていて、条件付ですが非商用キャラにも使えるようです。値段的にも割安なのがうれしいですね。

さらに、操・活・解さんでCarrara8Proの新機能、なんとポーズをとらせたままフィギュアのモーフを作成という記事が出ていまして、V4のお尻が気に入らなかった私にとってはかなり衝撃的でした。いままでモーフを作成する場合はゼロフィギュアしてからじゃないと作れなかったので、ポーズをとらせたときの形状の崩れを修正するのはとても困難でしたが、これを使うことでお尻や太もも、わきの下などの破綻しやすい箇所を修復するモーフが作れそうです。

Soft Bodyと並んでCarrara8Proの目玉機能になりそうですね。ちょっと楽しみです。

|

« まじめにポートレート(後編) | トップページ | TextureConverter2 »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まじめにポートレート(後編) | トップページ | TextureConverter2 »