« 首の挿げ替え | トップページ | 天使 »

CrossDressor3を試してみた

Xd_test01

異種フィギュアの服を全自動でコンバートしてくれるツール、CrossDressor3を試してみました。ソフト本体は無料ですが、変換先のフィギュア1種類につき$9.97(現在は3割引セール中で$6.98)でライセンスを購入する方式です。

少し料金体系が変わっていますが、TextureConverter2などはソフト本体も有料のくせに、変換元・変換先のプラグインをそれぞれ別途買わないと使えないという、とてもいやらしい料金体系だったりしますので、それに比べればかなり良心的な価格設定だと思います。変換先フィギュアのライセンスさえ購入しておけば、マイナーなフィギュアも含めて対応している80種類以上のフィギュア用の服をどれでもコンバートできるので、かなりお得かも知れません。

使ってみて驚いたのは、全自動なので使い方がとても簡単なことと、変換精度が(私にとっては)びっくりするほど良いこと。(;゚Д゚)

Morph Followerで服をモーフに追従させたときでも、移動量が大きいとポリゴンが乱れてガタガタになってしまうのですが、CrossDressorをQuality=Highに設定して変換させてやると、異種フィギュア間であるにもかかわらず、かなり綺麗に変換してくれます。


Xd_01

Qualityを変えて変換してみた結果です。特にブーツや手袋などは一目でわかるほど違いが出ています。20000ポリゴンの服の場合、変換時間はQuality=Lowで30秒、Highで6分ほどかかりました。


Xd_02

こちらはワイヤーフレームを表示させたところです。Quality=Highで変換したものはポリゴンがとても綺麗に並んでいます。これにはかなり驚きました。


Xd_setting

インストールして起動すると、最初にPoserのRuntimeの場所を聞いてきます。Runtimeは複数登録することができます。ここで登録したRuntimeの中には「!Converted」というフォルダが作られ、変換した服はその中に入ります。


Xd_03

こちらがメイン画面です。指定する部分がとても少ないです。最低限の情報だけを指定する感じですね。右側に所持ライセンスが一覧で表示されています。今回はChibiBel用のライセンスしか購入していませんので、ChibiBelにだけYesが付いています。使い方は基本的にはCR2、変換元、変換先のそれぞれを指定して、Convert Clothingボタンを押すだけ。とても簡単です。

Xd_04

スカートなどの特殊な服は、変換オプションのチェックボックスで指定してあげます。普通は頭と手首から先、足首から先はボーンが入ってないものとして扱うことで処理を短時間で済ませているようですので、手袋はブーツなどは「include head, hands, feet」をチェックしないと正常に変換できません。また、Fix poke-through(突き破り修正)をチェックしておくと、フィギュアの肌から少し離した位置に変換されるようです。(それでも完全ではないので、破れる時は破れます。最終調整をマグネットなどで行うほうが良いです。)

服の変換にはDAZで販売してるClothesConverter4を使ってる人が多いですし、使ってみるまではポリゴンがガタガタでもHexagonで修正すればいいかなーという感じでまったく期待していなかったのですが、ここまでお手軽に変換できてしまうと他のフィギュア用のライセンスも欲しくなりますね。全部買ったらすごい値段になるので、通常使うフィギュア用に2~3種類あればよさそうです。久しぶりに良い買い物をしました。ヽ(´ー`)ノ

|

« 首の挿げ替え | トップページ | 天使 »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首の挿げ替え | トップページ | 天使 »