« 肌の質感について | トップページ | Carraraで遊んでみる »

ちびベルのバグが修正されました

Cbfixednew

このあいだ記事に書いた、ちびベルにインジェクションが効かない問題について、DAZに送ったバグレポートの回答がメールで届いてました。インジェクションの問題を修正したので、購入履歴からリセットして再ダウンロードするようにとのこと。やはりバグだったみたいですね。(;´Д`)

さっそく修正版をダウンロードしてインジェクション可能かどうかを試してみたところ、問題なくインジェクションを適用できました。ちなみにインストーラーも新しいタイプのものに変更されてました。


 

私がインジェクションを作成するときは、InjRemExportというスクリプトを使っています。モーフを指定するだけでインジェクションファイルを自動生成してくれるので、とても楽です。ただ、これはDAZ|Studio2じゃないとうまく動作しません。D|S3で動作させようと少しだけいじったことはありますが、D|S3だとエクスポートする途中でエラーになることがあるようです。セミコロンを修正しただけじゃだめっぽい。(;´Д`)

それから、DAZのフォーラムでリアルタイム物理シミュレーションプラグイン、Fizz-Xについての記事を見つけました。まだアルファ版ということで、簡単な図形オブジェクトを使ったシミュレーションしかできませんが、なかなか面白いです。動作も軽快で、今後が楽しみですね。

|

« 肌の質感について | トップページ | Carraraで遊んでみる »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

DAZへの報告お疲れ様でした。さっそくDLしました。

…さて、INJファイルの作り方とか調べる旅に出るか。
(本体cr2を書き換えしなくても追加削除ができるモーフって認識なんですが、他にメリットがありましたっけ?)

投稿: サスケ | 2010年4月22日 (木) 13時39分

サスケさんコメントありがとうございます。
インジェクションについてはそのとおりですね。あとからモーフを仕込むことができるっていうだけです。(;´∀`)
MATポーズを適用するだけでモーフを適用できるので、必要なものだけ組み込むことでメモリを節約するとか、モーフを配布するときにINJ形式だと初心者でも簡単に使えるとか、そんな程度だと思います。

投稿: とうふ | 2010年4月22日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/34313363

この記事へのトラックバック一覧です: ちびベルのバグが修正されました:

« 肌の質感について | トップページ | Carraraで遊んでみる »