« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

まじめにポートレート(前編)

Anan_kintaro

今回は「DAZ Studioの無料部分だけを使ってリアルなポートレートを作れないか」というテーマで行きたいと思います。ポートレートというのは人物画のことで、まぁようするに一人の人物が中心に描かれてさえいれば、それが写真であろうが絵画であろうが初音ミクであろうが全部ポートレートなんですけど。(;´∀`)

私はいつもahEnvironmentとDistant Light1個でお手軽にレンダリングしてますけど、こういう手抜きは屋外の景色だとそこそこリアルな雰囲気が出るんですが、室内のシーンだと非常に違和感が出てしまうものです。スタジオのような場所で撮影した感じを出すには、やはり基本に戻らないとだめなようです。

続きを読む "まじめにポートレート(前編)"

| | コメント (0)

AnAn R4

Ananr4

今日はブログペットを追加してみました。「ブログ妖精ココロ」です。かなり人気のキャラクターですが、5月下旬でこのココロが使えなくなるそうで、それなら・・・ということで使ってみました。クリックすると反応するんですね。かわいいキャラです。(;´∀`)

今日の画像はYamatoさんのAnAn R4です。R2の後継キャラですが、R2と同じP5 Judyベースとなっています。

続きを読む "AnAn R4"

| | コメント (0)

Poserとの互換性について(その2)

Bunnyspec00

ううむ・・・ちびベルの画像を張っておくと、心なしか多くの人が見てくださるような気がします。ちょっとうれしい。(;・∀・)

さて、昨日に引き続き、今日はマテリアルの違いについてです。PoserとD|Sはシェーダーに互換性がありません。でもPoserのMATポーズを適用したとき、D|S側では色や光沢、凸凹マップなど同じ働きをするシェーダーのパラメータを、D|Sのシェーダーに自動的におきかえて適用してくれます。これによって、フィギュアの色やテクスチャなどの見た目をPoserとほぼ同じにしているわけですね。

でも、パラメータに設定する値がPoserとは少し違っています。たとえば光沢などはPoserではRoughness(光沢の荒さ)を指定するのに対し、D|SではGlossiness(光沢の強さ)で指定します。このへんの変換を、D|Sではけっこうテキトーにやってしまっています。(;´Д`)

続きを読む "Poserとの互換性について(その2)"

| | コメント (2)

Poserとの互換性について

Jcmcr2fic00

DAZ Studioは基本無料で使えるPoser互換ソフトという位置づけで、お金をかけずに誰でも3DCGを楽しむことのできる、とてもいいソフトだと思います。でも細かいところでPoserと違う動作をする部分があり、DAZにはこのあたりの互換性の問題を解決してほしいところです。
この互換性の部分について、私なりの解決方法を紹介したいと思います。


今日はまず、最も目に付くCR2ファイルの記述について。Poserではちゃんとポーズに追従するのに、DAZ Studioだと服が破けてしまうという現象があります。これをPoserとD|Sのどちらでも動くようにするには服のCR2ファイルを少し修正してあげる必要があります。

続きを読む "Poserとの互換性について"

| | コメント (2)

小悪魔を作ってみた

Cba3devil

先日モーフを仕込んだCBA3用にこんなアイコン作ってたんですが、なかなか目がキツいのでちょっと遊んでみました。頭にツノでものせれば完璧なんでしょうけど、そういうPropってなかなか無いですよね。

A3用の服を着せられるので、手持ちの服で似合うものがあるんじゃないかと思ったんですが、悪魔系のキャラに似合うものは持ってませんでした。フリーものをいろいろ探してはみたんですが、イメージに合うような服って無いものですね。。。


ということで、また買っちゃいました。orz

続きを読む "小悪魔を作ってみた"

| | コメント (0)

作りかけの下着とか

A3underconst

そういえば半年前からずっと放置してた、作りかけの下着があったのを思い出しました。もうモデリングとモーフの仕込みは終わってて、あとはテクスチャだけ。何かフリーのいいテクスチャを探さないといけませんね。(;´Д`)

服といえば、私がDAZ Studioを始めたころにお世話になったHPを見てたら、サイトがなくなって現在入手不可能になってる服とかがウェブアーカイブ経由で入手できるという情報を見つけ、さっそくいただいてきました。A3用のメイド服とかバニーガールとか、もう入手できないものと諦めていたところだったので、とてもうれしい。ヽ(´ー`)ノ

続きを読む "作りかけの下着とか"

| | コメント (0)

ChibiBel A3にA3のモーフを移植

Cba3plus気合を入れてシーンを作ったつもりだったのに、最終的に出来上がったレンダリング画像を見てがっかりしたので破棄。(´・ω・`)
今までの苦労は何だったんだと少々気落ちしていますが、それはさておきCBA3をA3相当にする手順について。


細かい手順はLaboratoryのほうに書いておきましたので、ここではさらっと概要だけ。

用意するのはCBA3とAiko3、テキストエディタとCR2Builderだけです。

続きを読む "ChibiBel A3にA3のモーフを移植"

| | コメント (0)

ChibiBel A3を作る

Cba3_belbel

マンガちっくPOSERさんでダウンロードできる、ChibiBel A3(以下CBA3)を試してみました。左がCBA3、右がBelBelです。このフィギュアはちびベルの頭をBelBelの胴体に乗っけたものですが、こうして比べてみるとBelBelよりずっと良いですね。

(CBA3の作り方はとても簡単ですし、Zipファイルの中に丁寧な説明も入ってますので、ここでは割愛します。)


BelBelはAiko3LEの頭をYamatoさんのオリジナルの造形におきかえたもので、これもなかなか素晴らしい出来栄えです。アメコミっぽさがなく純粋に日本のアニメキャラっぽい顔立ちをしています。

続きを読む "ChibiBel A3を作る"

| | コメント (0)

Carraraで遊んでみる

先日アップグレードしたばかりのCarrara7Pro。さっぱり使い方がわからないのですが、とにかく買っておいて使わないのはもったいないので使ってみることにしました。

Carrara_test1

最初に作成するシーンのスケールをLargeにすると、Poserフィギュアを呼び出しても豆粒より小さくなってしまって、まったく見えません。なのでスケールをMediumで作成し、適当にオブジェクトを配置してレンダリングしてみました。
(´・ω・`)・・・まぁ最初はこんなもんでしょ。
リアルというには程遠いですし、配置したオブジェクトのスケールもPoserフィギュアと合ってないし、わけがわかりません。

続きを読む "Carraraで遊んでみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびベルのバグが修正されました

Cbfixednew

このあいだ記事に書いた、ちびベルにインジェクションが効かない問題について、DAZに送ったバグレポートの回答がメールで届いてました。インジェクションの問題を修正したので、購入履歴からリセットして再ダウンロードするようにとのこと。やはりバグだったみたいですね。(;´Д`)

さっそく修正版をダウンロードしてインジェクション可能かどうかを試してみたところ、問題なくインジェクションを適用できました。ちなみにインストーラーも新しいタイプのものに変更されてました。


 

続きを読む "ちびベルのバグが修正されました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

肌の質感について

Skinshade0417

DAZ Studioは普通に使うにはPoserよりもずっと使いやすいと思いますが、シェーダーに互換性がないことが難点です。古いフィギュアであれば特に問題はないのですが、最近のモデルはリアルな質感を出すためにシェーダーツリー使いまくりなので、D|Sで読み込むと酷いことになることもしばしばです。

この画像のフィギュアもそうですが、左がD|Sでそのまま表示したもので、右がShaderMixerを使ってPoserでのレンダリングイメージに近くしたものです。見てのとおり、キャラ職人の人に申し訳ないぐらい違いがあります。

続きを読む "肌の質感について"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちびベルにも日焼けを

Cbtex_seaside春だというのに寒い日が続きますね。みなさん体調にはくれぐれも気をつけてください。

さて、昨日作ったテクスチャですが、勢いに乗って今日は日焼けあとをつけてみました。海辺のHDR画像をIBLマップに使いましたが、意外とそれっぽく見えるものですね。ヽ(´ー`)ノ


続きを読む "ちびベルにも日焼けを"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちびベルを塗ってみた

Chibibel_paint

ちびベルのテクスチャはトゥーン向けの単色で構成されていて、普通のシェーディングでレンダリングすると少し物足りないです。トゥーンはマテリアルの設定がちょっと面倒なので、思い切ってテクスチャを塗ってみることにしました。

作ったテクスチャでレンダリングしてみたのがこの画像です。陰影が強調されて、以前よりずっと良くなった気がします。
髪はPoser Clubで配布されている、にあ☆みぃ用の髪(Jpegさん作)ですが、サイズを少し小さめにしただけで、何の問題もなくちびベルに着用できました。


 

続きを読む "ちびベルを塗ってみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Kids 4 Pro Bundleを購入

Kids4

新フィギュアのKids4です。DAZからメールが来てたので迷ってたんですが、65%OFFにつられて買っちゃいました。(;・∀・)
キッズフィギュアはMaddie & Mattを持ってるんですが、モデルの形状が気に入らないことと、カスタムキャラや服がとても少ないという状況なので、あまり使い道がなかったんですよね。

しかし、さすがは第4世代フィギュア、異常にポリゴン密度が高いです。多分これもユニメッシュでしょうから、頂点数はV4やM4と同じなんでしょう。かなり重いです。

続きを読む "The Kids 4 Pro Bundleを購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびベル(その3)

Cbontable

ちびベル用のフリーアイテムの中にあった大口空けモーフ、使い道は多分これが正解なんだろうなぁと思いながらレンダリング。トゥーンは慣れないせいもあって、いまだに背景つきでレンダリングできません。

それはともかくとして、毎回Morph Loaderでモーフを組み込むのが面倒なのでインジェクションポーズを作ってしまおうとしたんですが、なぜかちびベルはインジェクションが効かない。インジェクション用のチャンネルは各パーツ20個ずつ用意されているので、インジェクションを使うことを前提にしてるんだと思いますが・・・。

ちょっと調べてみたところ、原因がわかりました。

続きを読む "ちびベル(その3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wet Skin, Tan Lines

Wet_and_tan

まにほにさんのMH Skin Blenderは簡単に日焼け線を作ったりタトゥーを入れたり、とてもすごい商品なんですが、Poser専用なんですよね。D|Sじゃ使えないのが残念。
日焼けあとの表現は去年の夏ぐらいに記事にしたんですが、これをベースに屋根裏部屋で作った汗の表現を組み合わせてシェーダープリセットを作ってみました。

ShareCGにアップしてあります。

続きを読む "Wet Skin, Tan Lines"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびベル(その2)

Chibibel3

ちびベルに付属してくる制服は秀逸なデザインですが、スカートが調整しにくいです。一応調整用モーフはついてくるのですが、とても使いにくいし破綻しまくるし・・・。

ということで、スカートのCR2だけ新しく作りました。Thighの動きに追従するようにして、さらに前後左右の調整用ボーンを仕込んでみました。モーフだけで調整するよりもかなり楽になりました。


※今日の画像はすべてPwToonを使っています。

続きを読む "ちびベル(その2)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちびベル

Chibibel1買ったばかりのちびベルです。BelBelを少し幼くしたような雰囲気のフィギュアです。胸のサイズも巨乳からぺったんこまでモーフで変化させることができます。胸以外にも、とてもたくさんのモーフが付属していますので、幅広いカスタマイズができそうです(とても汎用性の高いフィギュアだと思います)。

いろいろポーズをとらせてみて驚いたのですが、このフィギュアは関節などの変形がとても綺麗です。A3なんかだと苦手な座りポーズとかでも、かなり自然に変形してくれます。A3やV4を使っていると、座らせたときのお尻の形状がちょっと酷いんですよね。だからD-Formなんかを駆使して修正してやるか、自然に見えるアングルにカメラを設置したりして誤魔化すしかなかったのですが、このちびベルに関してはその心配はなさそうです。

レンダリングするにあたっては、せっかくなのでトゥーンでレンダリングしてみることにしました。PwToonを使ったほうが楽ではあるのですが、リハビリも兼ねてShaderMixerでトゥーンシェーダーを作ってみました。

続きを読む "ちびベル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AnAn R2を作る

Ananr2

今日の画像はYamatoさんのAnAnです。POSER++さんでダウンロードできます。ヌードだけどまぁいいや。(;´Д`)

このキャラはP5 Judyベースなので、作るにはPOSER5に入っているJudyのOBJファイルが必要になります。たぶん容量の都合でしょうけど、POSER7には付属していませんでした。しかしPOSERシリーズを購入した人は、過去の付属データがContent Paradiseのこのページから無償でダウンロードできます(ダウンロードするにはPoserのシリアル番号が必要です)。

AnAnのZipを解凍した中にあるReadmeに従って、RTEncoderでOBJファイルを抽出。cr2の中に書いてあるパスを確認し、各ファイルをライブラリに配置すれば、めでたくAnAnがロードできました。ヽ(´ー`)ノ

ところが、ここでひとつ問題が。。。

続きを読む "AnAn R2を作る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーローものの無料フィギュアなど

Angelblade

KACHA3Dさんで配布されているAngel Blade for Aiko3です。特撮もののヒロインのような衣装ですが、要するにエロ服です。(;・∀・)
チープな特撮っぽい雰囲気が何とも言えず良い服ですね。マテリアルだけ拙作のMetal Shaderに設定してレンダリングしてみました。ちなみに剣は付属していません。

ダウンロードはこのページからできます。2ファイル必要で、1つは記事の下のほうにあるDownloadボタンから、もう1つはDescriptionの中に書いてあるリンクから落とせます。

続きを読む "ヒーローものの無料フィギュアなど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず復活

Chocobo_2

気が付いたら半年ぐらいブログ更新してませんでした。まぁいろいろと忙しかったこともあるんですが、こういうのは一度更新を滞らせてしまうとモチベーションが下がってしまいがちです。(;´Д`)

DAZ公式のほうはVictoria2.0やStephanie3などの旧作ベースフィギュアが軒並み無料になってますし、去年の激安セールで買い捲って喜んでた私としては「なんだかなぁ・・・」という気持ちもしないではないですが、まぁそれはさておき、久しぶりにAiko3を使ってレンダリング。FF13も発売になったことですし、チョコボにのっけてみました。

いろいろPoser界のほうも進化しているようで、Poser8を使った作品を目にすることが多くなりました。自分としてはPoser7は買ったものの、 D|Sをメインに使っていることに変わりはないため、しばらくはアップデートするつもりはありません。

しかしDAZ Studio3のほうは半年たってもまだバグ修正版がリリースしていないようです。公式Updateを見ると3.1betaなんてものが出てますし、新機 能がいくつか追加されているようなので、このままVer.4が出てしまいそうな勢い。新しいdsa形式で作成したシェーダープリセットがMap Ignoreで適用できなかったり、Diffuse Colorがなぜか黒で登録されたりする不具合は真っ先に修正して欲しいところですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »