« D|Sのダイナミッククロス服 | トップページ | CreatePoserMats(CPM) »

Property Editorを使う

Propedit1作成中の下着のモーフ仕込みをやり直し中です。ERCの設定はProperty Editorを使ったほうが楽だということに気が付きました。

ERCというのは確かEnhanced Remote Controllerの略だったかと思いますが、簡単に言ってしまえば何かのパラメータに連動してモーフを動くようにする技術のことです。JCMなどがその例で、腕を持ち上げたときに、おっぱいも連動して持ち上がるアレです。

せっかくFigure Setup Tools Bundleを安売りで買ったので、使わないのはもったいない。ということで活用してみることにしたわけです。

Property Editorの画面は、最初の画像のように大きく3つの領域に分かれています。Grouping/Settingには、今選択中のパーツに含まれているプロパティのリストが表示されています。Parametersタブに出てくる内容と同じですね。

Hierarchyは、どのパラメータが何と連動するかを設定する場所です。各パラメータの連動状況を親子関係で見ることができます。Sub-Componentsのところに表示されているのが、そのパラメータに連動して動くパラメータです。画像の例だと、chest、lCollar、rCollarの3つのグループにあるPBMBreastSize1というモーフが連動するという意味です。

Link Attributesは、モーフがどのように連動するかを設定するものです。ERC Typeにはいろいろ設定できるようですが、Delta Addを設定しておけば間違いないと思います。(;´Д`)

Scalarは連動させる割合のことで、「連動元のパラメータ値が1上がったときに、連動先のモーフはどれぐらいの値になるか」という意味です。たとえばAiko3の左肩を持ち上げる動作は0~50度まででリミットが設定されています。左肩を最大限に持ち上げたときにモーフが1.0(100%)になるようにするには、Scalarに0.02を設定すればいいことになります。

自作の服などににERCを設定するには、Grouping/Settingsのところにあるリストから連動元のパラメータをマウスでドラッグし、Hierarchyの部分の連動させたいパラメータの部分にドロップしてあげるだけです。

Propedit2 たとえば、この画像のように、BraというフィギュアにBigOppaiというモーフをMorph Loaderで読み込んだとします。BraのBigOppaiに連動して各パーツのBigOppaiが動くようになっています。これを別のパラメータに連動させてみます。


Propedit3 まずGrouping/SettingsにあるMorphsグループを右クリックしてCreate Propertyを選び、新しいプロパティを作成します。こんな画面が出てきます。今回はFBMKyonyuというプロパティを作ることにします。Nameがプロパティの名前、LabelはParametersタブで表示される名前です。


Propedit4 Hierarchyの中のBra直下に今作ったFBMKyonyuが出てきますので、そのツリーを開きます。SceneタブからlCollarを選ぶとGrouping/SettingsにlCollarのプロパティリストが表示されますので、その中にあるBigOppaiをドラッグしてFBMKyonyuのSub-Componentsにドロップします。なんとこれだけでERCが作れてしまいます。


Propedit5 Bra本体のKyonyuモーフのスライダを動かしてみると、ちゃんと左肩(左胸)のモーフが動作することがわかります。あとはCR2 Exporterで保存するだけです。驚くほど簡単。(;゚Д゚)


今までCR2Builderを使ってERCを設定していたんですが、これを使えばある程度のことまではDAZ Studioだけでやれそうです。なかなか凄いツールですね。ヽ(´ー`)ノ

|

« D|Sのダイナミッククロス服 | トップページ | CreatePoserMats(CPM) »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/31881087

この記事へのトラックバック一覧です: Property Editorを使う:

« D|Sのダイナミッククロス服 | トップページ | CreatePoserMats(CPM) »