« Hexagon Bridgeでモーフ作り(その2) | トップページ | Property Editorを使う »

D|Sのダイナミッククロス服

Dyncloth_tee1下着のUVの歪みがひどいので、メタセコでUV展開をやりなおしたんですが、うっかりグループ結合したら頂点の順番が変わってしまい、今まで作ったモーフがすべて使えなくなりました。orz

いくらHexagonで楽に作れるようになったとはいえ、すべてのモーフをもう一度作り直しというのはかなり凹みます。気持ちを落ち着かせるためにDAZの公式を見てたら、プラチナ会員限定7周年記念セールがあったのをすっかり忘れていて、Carrara7ExpressやFBX Pluginなど欲しかったものが期限切れになっていて、普通の値段に戻ってました。ということで踏んだり蹴ったりです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なんか非常に悔しいので、本日限定の$1.99セールになっているダイナミッククロス服「Ultimate Dynamic Tee」を購入。D|S用のダイナミッククロスはテーブルクロスしか持ってないので、まともなDC服は今回が初めてです。

D|SのDC服は普通のコンフォーム服と同様にフィギュアに着せてからDrapeするようになっていて、ちゃんとボーンも入っていました。ちなみにボーンは無効にできるようで、無効にするとPropのように骨を無視した変形を行うようです。

DC服とはいっても単なる布シミュだけじゃなくて、この服は体のラインにあわせて縮むような動作をします。ある程度まで縮むと、今度は重力の影響を受けて通常の布のような動作をするようです。だから腕の部分なんかは普通の布っぽいシワができていますし、本当に布っぽい変形をしてくれます。とても面白いです。

しかしこの服、シャツだけなのにサイズが異様に大きいです。全部で600MBもありました。ネックの部分の形状が違うものが6種類、さらにそれぞれに専用のMATポーズがついています。50MBのダウンロードファイルが12個もあって大変でした。(;´Д`)

はやく自前でDC服が作れるようになるといいんですけど・・・。

|

« Hexagon Bridgeでモーフ作り(その2) | トップページ | Property Editorを使う »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/31866108

この記事へのトラックバック一覧です: D|Sのダイナミッククロス服:

« Hexagon Bridgeでモーフ作り(その2) | トップページ | Property Editorを使う »