« フリーの子供服 | トップページ | 政権交代ですね »

映画「ラーメンガール」

ラーメンガール [DVD] ブリタニー・マーフィーと西田敏行が主演の映画「ラーメンガール」を見ました。

恋人を追いかけて日本へ来たアメリカ人女性、アビー(ブリタニー)が恋人にふられ、アパートの向かいにあるラーメン屋に飛び込んで泣き崩れてしまう。見かねたこの店の頑固おやじ、マエズミ(西田敏行)がアビーにラーメンを食べさせ、なだめてアパートに帰すが、アビーはラーメン作りに興味を持ち、再びマエズミの店におしかけて弟子入りしたいと懇願する。英語がまったく通じないマエズミは追い返そうと必死になるが、ついに根負けして店で働かせることにしたが。。。

西田敏行は私の好きな俳優の一人で、毎度のことながらその演技の素晴らしさに感嘆しました。ブリタニーの演技も真に迫っており、感情豊かで純真なアメリカ人女性を見事に演じきっています。ただ、脚本が少し大雑把すぎて、せっかくの大物俳優の演技を生かしきれていません。肝心のラーメンの味や調理法についての描写がまったく無く、精神論に言及するだけにとどまっています。作品のテーマが面白いだけに、この点がとても残念で物足りない印象を受けました。(´・ω・`)

アメリカ映画ですので、アメリカ人から見た日本という視点でドラマは進行します。アメリカ映画にありがちな日本に対する偏見も少なく、スタッフも日本という国についてかなり勉強しているなと感じました。ラーメンについての理解は少ないようですが。(;´∀`)

この映画は感動を期待して見ると物足りないですが、B級映画のように現実と切り離した感覚で見ると、それなりに楽しめます。私が点数をつけるなら100点満点の50点。可もなく不可もなく・・・というところでしょうか。

|

« フリーの子供服 | トップページ | 政権交代ですね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/31105000

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラーメンガール」:

« フリーの子供服 | トップページ | 政権交代ですね »