« 室内のライティング | トップページ | pwToonでアニメ系3Dに挑戦 »

政権公約について思うこと

Ap39画像はApartment39です。ライトの配置をいろいろ試行錯誤しています。今日は3Dの話題ではありませんが・・・(;´∀`)

ニコニコ動画の生中継で21世紀臨調の自民・民主それぞれのマニフェスト評価をやってたので、それを見てました。正直言って「それぞれの団体にとってどうか」という結果が点数として出ているだけで、投票の際の判断材料にはなりません。しかし各団体の言っていることはかなり正論で的を得た意見が多く、見ていて面白かったですね。

それぞれの評価を総合すると、やはり共通で懸念しているのは財源の問題。特に民主党の政権公約におけるバラマキ政策に対する批判と、その財源の不透明さからくる不安を訴えていました。ほとんどの団体が自民>民主でしたし。(テレビや新聞では逆の報道をすると思いますけどね)

100年に一度という世界不況の中で、日本は欧米に比べてまだ傷は浅いほうであるのは、やはり麻生政権の経済対策がそれなりに奏功しているからではないかと私は思っています。政局のみを見ているのであれば解散のチャンスは何度もあったはずですが、あえて経済対策の根本となる補正予算等の法案を通すことを優先したことは麻生政権の実績としてきちんと評価されるべきかと思います。(揚げ足取りの言葉狩りにはもううんざり。)

逆に民主党のほうは常に政策より政局を優先し、経済対策を促進するどころか足を引っ張ってばかり。北朝鮮に対する追加制裁法案のような、安全保障にかかわる重要な法案さえ廃案に追い込みました。この無責任さでは政権与党としての職務を全うすることなど不可能だと思います。

懸念している財源ですが、自民党は国債の発行と、景気回復後の消費税増税。つまりまた国の借金が増えるわけですが、景気回復までのつなぎと考えればやむを得ない感じがします。景気回復後の増税で財政再建を行うのでしょうから。

民主党案のほうは無駄遣いをやめれば財源が確保できるとしながらも、扶養・配偶者控除や住宅ローン減税の廃止などという、景気に致命的な悪影響を与えかねないことを平気で口走っています。日米FTAを締結する代わりに農家に所得保障を行うとか、これも壮大なバラマキ。日本の食糧自給率をこれ以上下げてどうするんでしょうね。農業を壊滅させる気なんでしょうか。愛の力とやらで解決できると考えてるんでしょうかねぇ・・・。とても不安です。

まだ投票日までには期間がありますが、私の中では選択の余地はなさそうです。

|

« 室内のライティング | トップページ | pwToonでアニメ系3Dに挑戦 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30899084

この記事へのトラックバック一覧です: 政権公約について思うこと:

« 室内のライティング | トップページ | pwToonでアニメ系3Dに挑戦 »