« Mizuho SR1 | トップページ | フリーの子供服 »

肌の光沢

Specular_test1久しぶりにUberEnvironment2を使ってレンダリングしてみました。やはりAOを使うとリアリティが出ますね。今回のモデルはSylfie、肌シェーダーはElite Human Surface Shader(Tofu's Skin Preset)を使いました。
もう少し肌に光沢が欲しいところなんですが、乾燥肌なのにSpecularを強くしすぎるとテカりすぎて不自然ですしね。でも肌って影の部分でも光沢があったりしますので、やはりキーライトの光沢だけでは物足りません。そこで、影の部分にも光沢を入れてみる実験をしてみました。


Specular_test2 AOを使うとレンダリング時間がとても長くなりますので、髪と服を取り払った状態で試してみました。左の画像ではGlossinessを20%、Specular Strengthを80%に設定しています。影の部分の光沢は、Distant LightをSpecular Onlyに設定して真横から照射してみました。
一応それっぽい雰囲気にはなりましたが、何か違うような気がしないでもない。もう少し後ろのほうから照射すればいいんでしょうかねぇ・・・。Diffuseと違ってライトを増やすと光沢のラインが複数できてしまって、これまた不自然になりますし。難しいですね。(;´Д`)

やはり無理に光沢を入れないほうがいいんでしょうかね。うーん、どこかに解説してあるサイトないかな。(´・ω・`)

そういえばDynamic Cloth Controlがアップデートされてました。何が変わったのかいまひとつ判りません。それと、なぜかD|S 2版はプラグインを更新するたびにシリアルの入力を求められるので、いちいち調べるのが面倒。でもD|S 2はもう更新しないでしょうね・・・。

|

« Mizuho SR1 | トップページ | フリーの子供服 »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/31063976

この記事へのトラックバック一覧です: 肌の光沢:

« Mizuho SR1 | トップページ | フリーの子供服 »