« Dollar DAZE 2005 | トップページ | ライティングの復習(その2) »

ライティングの基本を復習してみる

Ds2_a3sdwdncr2

どうも最近は思ったような絵にならないことが多くて、ちょっと凹み気味です。考えてみればDAZ Studioを使い始めてからまだ数ヶ月ですし、3DCGの理屈は頭では理解していても、それを使うためのテクニックは初心者同然ですしね。モデリングばかりを重視していたツケがまわってきているのかも知れません。(´・ω・`)

こういう時には一度初心に立ち返って考えてみるのが一番。ということで基本中の基本、ライティングの基礎から復習してみることにしました。

ライティングの基礎といえば三点照明。ライティングはここから始まるんですよね。

Key_only_2 まずはKey Lightです。メインライトとも言って、モデルを斜め上方から照らすライトです。太陽光などの基本となる照明ですね。左の画像はKey Lightのみを配置してレンダリングした例ですが、影が暗すぎてこのままでは絵になりません。


Fill_only_2 影の部分をもう少し明るくするために、補助的なライトを追加します。これがFill Lightです。通常はカメラと同じ位置からモデルを水平に照らすことで、モデル全体を均一に明るくします。つまり環境光として使うわけですね。Fill Lightは影を照らすためのライトですので、光の強さはKey Lightの半分程度に抑えます。


Key_and_fill_2 Key LightとFill Lightだけでレンダリングした結果です。Key Lightのみでレンダリングした画像に比べて全体が明るくなり、モデルが生き生きとしてきました。ただモデルの左側、ちょうどKey Lightの反対側が暗すぎて輪郭が背景の黒に溶け込んでしまっています。これに対処するため、モデルの背後から強い光を当てて輪郭を明るくしてあげます。このライトは後ろから照らすものですので、Back Lightといいます。


Back_only_2 実際の写真撮影の場合、Back Lightはその名のとおりモデルの真後ろに配置します。しかし3DCGのライトはモデルの輪郭の部分から前面に光が回り込む「回折」という現象がおこらないため、真後ろに配置しても輪郭が明るくなりません。なので3DCGの場合にはKey Lightの反対側からモデルを照らすのが良いとされています。左の画像でもKey Lightの反対側からモデルを水平に照らすように配置してみました。Back Lightの明るさはKey Lightの2倍(あるいはそれ以上)にします。


Key_fill_back_2Key Light、Fill Light、Back Lightの3つをすべてONにした状態でレンダリングすると、このようになります。黒い背景の下でもモデル全体がくっきりと浮かび上がります。

照明を考える場合には、ライトを追加するというよりも、「影の明るさを調整する」という感覚のほうが合っているかも知れません。光そのものではなく、被写体の影に注目するものなんですね。


以上が三点照明の基本ですが、ライトに色をつけることで、さまざまな情景を表現することができます。私の感覚だと、ライトに色をつける場合はFill Lightを中心に考えたほうがうまくいく場合が多いです。先に書いたとおり、Fill Lightは環境光としての意味がありますので、異なる色を設定したFill Lightを複数配置することで、擬似的なIBLのような効果を得ることができます。

Lightcolor この画像は実際にライトに色をつけてみたものです。三点照明のみで、他にライトは使っていません。たった3つのライトだけでも、わりとそれっぽい画像になるから不思議ですよね。


先月はシェーダーばかりに注目していましたが、ライティングってやはり大事ですよね。以前MH Annyを買ったとき、まにほにさんにメールで「上手な人の作品を見ながら真似をして少しずつテクニックを習得していくと覚えやすい」とアドバイスをいただきました。まったくその通りだと痛感してます。(´・ω・`)

|

« Dollar DAZE 2005 | トップページ | ライティングの復習(その2) »

DAZ Studio Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30808623

この記事へのトラックバック一覧です: ライティングの基本を復習してみる:

« Dollar DAZE 2005 | トップページ | ライティングの復習(その2) »