« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

政権交代ですね

昨日の衆院選ですが、新聞等の予想通り民主が圧勝という結果になりましたね。もう少し自民が盛り返すかと期待していたんですが、残念ながら流れを変えるまではいかなかったようです。

今回の選挙、私は自民に投票しました。理由はもちろん景気対策を優先して欲しかったから。もともと民主党という政党は旧自民党+旧社会党でして、右から左まで様々な議員が同居する寄り合い所帯。政策ひとつとっても、財源という裏づけがないまま聞こえの良いものを出してきただけというのが明らかです。しかも政権獲得後、すぐに補正予算の執行を凍結するという、いまの社会が抱える不景気の現状を全く理解していないとしか思えない行動を取ると宣言していましたから。

残念ながら、それが民意であれば受け入れるしかないですけどね。
いろいろと批判の多い高速道路無料化も来年度から実施すると言ってますし、エコカー減税の恩恵にあずかろうとハイブリッド車を購入してしまった私は涙目です。だってあてにしていた自動車税の減免がなくなるばかりでなく、自動車税も毎年5万円に大幅アップとなるわけですしね。エコポイントとかどうなっちゃうんだろ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とにかく結果が出た以上、政権与党となる民主党にこの国を任せるしかありません。多少の増税には目をつぶります。とにかく今の深刻な不景気をなんとかしていただきたい。小手先のばらまきではなく、筋の通った長期的な経済回復策を実施してくれることを期待します。もはや民主党以外に政権を担える規模を持った政党がないのですから。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ラーメンガール」

ラーメンガール [DVD] ブリタニー・マーフィーと西田敏行が主演の映画「ラーメンガール」を見ました。

恋人を追いかけて日本へ来たアメリカ人女性、アビー(ブリタニー)が恋人にふられ、アパートの向かいにあるラーメン屋に飛び込んで泣き崩れてしまう。見かねたこの店の頑固おやじ、マエズミ(西田敏行)がアビーにラーメンを食べさせ、なだめてアパートに帰すが、アビーはラーメン作りに興味を持ち、再びマエズミの店におしかけて弟子入りしたいと懇願する。英語がまったく通じないマエズミは追い返そうと必死になるが、ついに根負けして店で働かせることにしたが。。。

西田敏行は私の好きな俳優の一人で、毎度のことながらその演技の素晴らしさに感嘆しました。ブリタニーの演技も真に迫っており、感情豊かで純真なアメリカ人女性を見事に演じきっています。ただ、脚本が少し大雑把すぎて、せっかくの大物俳優の演技を生かしきれていません。肝心のラーメンの味や調理法についての描写がまったく無く、精神論に言及するだけにとどまっています。作品のテーマが面白いだけに、この点がとても残念で物足りない印象を受けました。(´・ω・`)

アメリカ映画ですので、アメリカ人から見た日本という視点でドラマは進行します。アメリカ映画にありがちな日本に対する偏見も少なく、スタッフも日本という国についてかなり勉強しているなと感じました。ラーメンについての理解は少ないようですが。(;´∀`)

この映画は感動を期待して見ると物足りないですが、B級映画のように現実と切り離した感覚で見ると、それなりに楽しめます。私が点数をつけるなら100点満点の50点。可もなく不可もなく・・・というところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーの子供服

Maddie0824今日はフリーの子供服をたくさん配布してくださっているサイトをご紹介。feralfairies.netさんです。対応しているキャラはMaddieだけみたいですが、こういうマイナーなフィギュアは服を探すのが大変なのでとても助かります。

さっそくダウンロードしてMaddieに着せてみたら、なぜかサイズが合わないorz
よく見てみたらこれ、Maddie Petiteというカスタムキャラ専用だったんです。MPってそういう意味だったのね。(;´Д`)
とりあえずMaddie Petiteも同じサイトで無料配布されているし、せっかくなのでそれも入手してみました。

Maddie PetiteはCR2のみの配布ですので、当然ながら使用するにはMillennium Kids Preschoolersが必要です。Maddie Petiteの作り方はこちらのページに書いてありました(2010/05/12現在、作り方のページは存在しません)。Morph ManagerでMaddieのモーフを移すだけですので、とても簡単。

他にもVictorianaというV4ベースの子供キャラやバスルームのProp、Girl Gear for V4(V4用のGen)などをフリーで配布されています。(過去の配布品はarchiveに移動しています。)

ところで、なんかテレビで洗濯王子なるものが話題になっているようです。最近はマスコミがなんでもかんでも王子にして勝手に盛り上がってますけど、アホらしくて付き合いきれません。最近テレビなんてニュース以外見る気が起きませんし、そのニュースだってだんだん低俗になってきてるし・・・。

そのうちテレビなんて誰も見なくなるんじゃないでしょうかね。(´・ω・`)

続きを読む "フリーの子供服"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌の光沢

Specular_test1久しぶりにUberEnvironment2を使ってレンダリングしてみました。やはりAOを使うとリアリティが出ますね。今回のモデルはSylfie、肌シェーダーはElite Human Surface Shader(Tofu's Skin Preset)を使いました。
もう少し肌に光沢が欲しいところなんですが、乾燥肌なのにSpecularを強くしすぎるとテカりすぎて不自然ですしね。でも肌って影の部分でも光沢があったりしますので、やはりキーライトの光沢だけでは物足りません。そこで、影の部分にも光沢を入れてみる実験をしてみました。


Specular_test2 AOを使うとレンダリング時間がとても長くなりますので、髪と服を取り払った状態で試してみました。左の画像ではGlossinessを20%、Specular Strengthを80%に設定しています。影の部分の光沢は、Distant LightをSpecular Onlyに設定して真横から照射してみました。
一応それっぽい雰囲気にはなりましたが、何か違うような気がしないでもない。もう少し後ろのほうから照射すればいいんでしょうかねぇ・・・。Diffuseと違ってライトを増やすと光沢のラインが複数できてしまって、これまた不自然になりますし。難しいですね。(;´Д`)

やはり無理に光沢を入れないほうがいいんでしょうかね。うーん、どこかに解説してあるサイトないかな。(´・ω・`)

そういえばDynamic Cloth Controlがアップデートされてました。何が変わったのかいまひとつ判りません。それと、なぜかD|S 2版はプラグインを更新するたびにシリアルの入力を求められるので、いちいち調べるのが面倒。でもD|S 2はもう更新しないでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mizuho SR1

Mizuhosr1Play with Poserさんのアニメキャラ、Mizuho SR1を使ってみました。(以前からエロ水着とかいろいろダウンロードさせていただいていました(;´∀`))
このキャラはAiko3の頭をオリジナルメッシュに挿げ替えたものですので、RTE形式で配布されています。使用するにはRTEncoderでデコードする必要があります。OBJのほうは無事デコードできたのですが、なぜかCR2のほうはJava版ではデコードできませんでした。公式のRTEncoderで試したところ、無事デコードできました。

頭部の大きさもAiko3互換ですので、Aiko3の髪や服がすべて流用できます。これはとてもありがたいですね。ヽ(´ー`)ノ

デコード終了後にMizuhoを呼び出してみてみたら、ガイコツみたいでかなりびっくりしました。よく見たらこのキャラ、目がProp扱いで別オブジェクトになっているんですね。まぁ考えてみればアニメキャラの目って異常に大きいので、眼球という形では表現できないですよね。球で作ったら頭からはみ出してしまいそう。(;´Д`)

2Dのイラストを3D化するというのは普通に考えると無茶な話です。立体では表すことができない表現が多用されていますし、またそれが2Dの多彩な表現力の源になっているのですから、これを立体で表現できるクリエイターの方々の技術には脱帽です。特に、にあみぃを作ったかこみきさんの造形は秀逸だと思います。(にあみぃは買ってませんがorz)

今回の画像ですが、左がpwSketch、右がpwToonでレンダリングしたものです。ライティングはDistant Light1個だけですが、トゥーンはライティングをあまり気にしなくても良さそうな気がしてきました。影の出来かただけ注意していれば、基本的にはライト1つで済みそう。

アニメ系3Dをしている方って、ライティングをどういう風に設定しているんでしょうね。アニメ系のライティングを説明してるサイトって、ググっても全然見つからないので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LaurelHair

Laurelhair1半額セール中のLaurel Hairを買ってみました。MH Annyに被せてみましたが、なかなか良く似合ってます。ヽ(´ー`)ノ

FREAK4が発売されたこともあって、今週の無料アイテムはFREAK4用のバレリーナ衣装でした。多分使わないと思うけど、とりあえず無料なのでゲットしましたが・・・。
それにしても、なぜバレリーナなんでしょうね。(´・ω・`)

コンビニで本を買ってきました。佐藤勝彦監修、「相対性理論と量子論」です。もともとSFが好きなこともあり、相対性理論で語られる不思議の世界はとても興味があります。この本はそういった物理の世界を、図解入りで判りやすく説明しています。難しい物理の数式はほとんど出てきませんし、相対性理論や量子論によって解き明かされる不思議の世界だけに焦点を絞っています。普通に読み物としても面白いと思いますよ。( ´ー`)y-~~

図解 相対性理論と量子論―物理の2大理論が1冊でわかる本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FREAK4が発売されました

Freak4_1なんとFREAK4が発売されました。まさか発売するとは思っても見ませんでしたけど。(;´∀`)
8/25までは半額セール中ですが、プラチナ会員ならFREAK4 Baseが無料で入手できるので、さっそく手に入れてみました。Baseだけだと服がついていません。せめてパンツぐらいはサービスしてくれてもいいのにね。(´・ω・`)

このFREAK4はDS用のMATプリセットが2種類、DEFAULTとADVANCEDが付属しているのですが、驚いたことにADVANCEDはUberSurface2用のプリセットでした!UberSurface2って以前試してみたときは、Colorプロパティをスクリプトから制御できなくてプリセットを作れずにいたのですが、FREAKで実現してるっていうことは制御する方法があるんですね!これはちょっと研究してみなくては・・・。

画像のほうはADVANCEDプリセットを適用してレンダリングした結果です。ライトはスポットライトによる三点照明のみです。UberEnvironment2を使うとかなりリアルにできそうですが、今日はもう遅い時間なのでこれで精一杯。(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SF風バトルスーツ

Majorcache総選挙公示を前に、今日は6党首による討論がありましたねぇ。選挙戦に突入すると、ネット上での政治関連の話題も注意が必要なようです。個人的には民主党による日章旗切り裂きの件が明らかになったことでちょっと腹が立ちました。これ、テレビではほとんど報道されていないのが気持ち悪いです。右とか左とかそんなことは関係なく、国民であるならば自国の国旗に敬意を払うのは当然ですよね。

さて、Dollar DAZEも今日が最終日。いろいろ迷いましたけど、Millennuim Dragon 2.0とか、画像のようなバトルスーツを買いました。SFってけっこう好きなんですよ。子供の頃の憧れですからね。ヽ(´ー`)ノ

このバトルスーツは、左がM3用のMajor Cache、右がV3用のLiquid Knight on Skyです。V3用のほうが派手ですね。アニメに出てくる正義のヒーローみたいです。
M3用は特にギミックなどは仕込まれていないようですが、V3用はノズルやアーマーがきちんと可動し、遊び心満載です。こういう仕掛けがあると楽しいですよねー。

Millennium Dragon 2.0のほうは、1.0とメッシュは同じみたいです。テクスチャも流用できます。まだ詳しく見ていませんが、一番の違いはモーフでしょうか。1.0のモーフとはかなり構成が違うようです。あと、2.0にはEast Dragonという、いわゆる東洋風のドラゴンが付属してきます。こちらはおまけ的なものなので、あまり期待しないほうがいいかも。(;´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコについて

ココログニュースで気になる記事があったので一言。だいぶ古い記事ですけど、パチンコの換金についてです。
そもそもパチンコは誰が見てもギャンブルですし、依存性があるので自殺や一家離散なんかの深刻な問題が指摘されていますね。ただ、これだけ全国に広がっていて田舎でさえパチンコ店が乱立している現状をみると、さすがに全面禁止は難しいんじゃないかと・・・。なんらかの規制は必要ですけどね。

かつては私もパチンコをしていた時期があります。もう10年近く前のことですけど。だいぶお金を使いましたよー、あの店の鉄骨1本ぐらいは私のお金で立てたんじゃなかと思うぐらい。今思うと、なんて馬鹿馬鹿しいことにお金を使ったんだろうかと・・・(;´∀`)

パチンコっていうのはたとえ10回負けていても、1回勝てば負けたことなんか忘れちゃうんですよね。トータルでマイナスになっているのにも気づかないで、また行けばもっと勝てるんじゃないかと勘違いしちゃう。負ければ負けるほど意固地になって、最後はもうお金なんて紙切れ状態。財布が空っぽになるまで玉を買い続けます。本当に怖いですよね。(;´Д`)

私がパチンコをやめるきっかけになったのは、新しい趣味でした。

続きを読む "パチンコについて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gel Light

Gellight1DAZのフォーラムに書いてある記事で、Shader Mixerで作るGel Lightを試してみました。
実はGel Lightって何のことだか判らなかったんですが、プロジェクターみたいに画像を投影するライトだったんですね。使ってみて納得。
単純にイメージだけ設定すると、この画像のようになります。水面の反射が照らしているような効果にも使えますし、ミラーボールからの光とか、いろいろ応用できそうです。


Gellight_net1 こちらはその接続図です。たったこれだけ。とてもシンプルですね。


そういえばDollar DAZEのセール期間も終わりに近づいてきましたねぇ。後で後悔しないように、買いたいものを総チェックしなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆です

Dragon2 大雨が降ったと思ったら、今日は猛暑でしたね。今年は珍しく台風が命中コースをとらないですが、代わりに集中豪雨とか日照不足とか、明らかに異常気象の気配。野菜の値段も高騰していますし、このままだと米の収穫量も落ち込みそう。
まぁこういう年もたまにはあるので温暖化とかはおそらく関係ないかと思いますけど、それでもエコカー減税の恩恵にあやかろうとハイブリッド車を注文していまいました。(;´∀`)
トヨタのプリウスが欲しかったのですが、いま契約しても納車は来年の3月以降だとか。これじゃエコカー減税の期限を過ぎてしまうので、ホンダのインサイトにしました。「安かろう悪かろう」でなければいいんですけどね。(´・ω・`)

今年は我が家では新盆でして、親戚などが頻繁に訪れるので、DAZ Studioでのんびりと遊ぶ時間があまりとれません。試してみたいことはたくさんあるんですけどねーorz

今日の画像はDAZの無料セール中の3D Bridge Starter Packに含まれているMillennium Dragon 1.0です。この商品ですが、無料セール期間は2009/8/31までになっています。今月いっぱいでセール期間終了ですね。DAZ公式ガイド本の付録にも同じような構成が入っていたと思いますが、なんか心配なので一応ダウンロードしておきました。まだ入手されていない方は早めに貰っておいたほうがいいかも。( ´ー`)

それにしてもこのドラゴン、大きくてなかなか立派です。そういえばMillennium Dragonは新バージョンも出ていたような気がしますけど、何が違うのかちょっと気になるなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TenTenV3を作る

Tentenv3YamatoさんのホームページでV3用TenTenの作り方が書いてありますので、ちょっと試してみました。
Poser7で同じようにやってみたんですが、なぜかうまくいかなかったので、私なりの方法でV3の体とV2の頭をドッキングさせました。Yamatoさんのとこに書いてあるやり方ってPoser5あたりを対象にしてるのかも知れません。OBJ出力の仕様がPoser7だと少し違うのかも。。。(;´Д`)

8/17まではDollar DAZE 2003のセール中ですので、Victoria2が激安で入手できます。TenTenを使ってみたい人は購入しておくといいですよ。
Victoria2は服などもセットになったバンドル版も出ています。( ´ー`)y-~~

準備するもの:
Victoria 3.0 Base
Victoria 2.0
TenTenN
モデラー(メタセコイア
Yet Another OBJ Import/Export
Morph Manager v4.0

モデラーはメタセコ(シェアウェア版)を使いましたが、OBJ形式に対応してればどれでもいいかも知れません。

続きを読む "TenTenV3を作る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pwToonでアニメ系3Dに挑戦

Toon_test1pwToonで遊んでみました。もともと私はトゥーンシェーディングにほとんど興味がなくて、こういうのは予備知識もまったくないんですよね。だからライティングとかどのようにすればいいのか全くわからず、ほんと適当です。スポットライト1個だけですし。(;´∀`)

DAZ Studio標準のレンダラーでもToonの設定があるんですけど、それを使っても輪郭が綺麗に出なかったりして実用に耐えうるとはいえないものですよね。

pwToonを使ってみて驚いたのは、その輪郭線の細さと美しさ!シェーディングも綺麗に階調化されていて、本当にセル画っぽく見えます。ちなみにこの画像で影の出方がおかしいのは私のライティングが下手だからです。orz

パラメータのほうもDiffuse ColorとDiffuse Shadingで別々の色をきちんと指定できたり、Outline/Interior Lineで輪郭線の色を指定できたりするので、わりと簡単にアニメっぽい絵を作ることができます。使ったプリセットは「Clean Drawing」で、これをベースに色だけ少し変えてレンダリングしました。

とても親切なHTMLドキュメントが付属しているので、アニメ系3Dをされている方にはとてもお勧めです。ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権公約について思うこと

Ap39画像はApartment39です。ライトの配置をいろいろ試行錯誤しています。今日は3Dの話題ではありませんが・・・(;´∀`)

ニコニコ動画の生中継で21世紀臨調の自民・民主それぞれのマニフェスト評価をやってたので、それを見てました。正直言って「それぞれの団体にとってどうか」という結果が点数として出ているだけで、投票の際の判断材料にはなりません。しかし各団体の言っていることはかなり正論で的を得た意見が多く、見ていて面白かったですね。

それぞれの評価を総合すると、やはり共通で懸念しているのは財源の問題。特に民主党の政権公約におけるバラマキ政策に対する批判と、その財源の不透明さからくる不安を訴えていました。ほとんどの団体が自民>民主でしたし。(テレビや新聞では逆の報道をすると思いますけどね)

続きを読む "政権公約について思うこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

室内のライティング

Abandoned_house6今まで何度試しても納得いかなかった室内のシーン。今までのライティング復習の成果を試すつもりで作ってみました。
室内のシーンでリアリティを出すには、やはり間接光の表現は避けて通れませんねぇ・・・。今回使ったのは廃屋ですので、室内に電気が通っていません。窓から差し込む光が唯一のライトソースですので、太陽光以外はすべて間接光で表現することになります。

今回やってみたライティングの手順をご紹介します。

(1)環境光を作る

まずDistant Lightをいくつか設置して室内をぼんやりと照らします。4方向すべての壁に向けて弱く照射する感じです。壁からの反射光を意識してライトの色を決定します。今回は若草色というかヨモギ団子のような色にしました。

次に床からの反射光を作ります。これもDistant Lightで薄茶色に設定。これで部屋の奥のほうを若干上に向けて照射します。これで下準備は完了。レンダリング結果を見ながら部屋全体がぼんやり明るくなる程度にしておきます。環境光ですので、どのライトもDiffuse onlyに設定しておきます。影はつけません。

続きを読む "室内のライティング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライティングの復習(擬似GI)

Lighting_preset最近の3DCGソフトの進化はすごいですよね。少し前までは高価な専用ソフトでしか実現できなかったGIとかIBLとかの高度な技術が、フリーや廉価版のソフトでも実装されてきています。もちろんPoserもDAZ Studioも例外ではなく、標準またはプラグイン等を使用することで利用可能になっています。

GIを使うことでフォトリアルな表現がとても簡単に実現できるようになりましたが、レンダリングにとても時間がかかることが難点。単純なモデルでさえレンダリングに数時間かかることもざらです。本気レンダのときは仕方ないんでしょうけど、ちょっとCG作ってみようかなーなんて気軽な気持ちのときは使いたくありませんよね。(Carraraのような高速なレンダリングエンジンがあれば別ですが・・・)

ちょっとリアルにしたいけど、レンダリング時間はかけたくない・・・というとてもワガママな私は普通のライトだけでGIっぽい表現ができないかと常日頃から思ってはいたのですが、ライトの数が増えることにはちょっと抵抗があり、実験すらしてなかったんですよね。(;´∀`)

ということで、今回は意を決して擬似GIに挑戦してみることにしました。

続きを読む "ライティングの復習(擬似GI)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pwCatchを試してみた

Pwcatch_test初の裁判員制度による判決が出ましたね。私自身としては法律の知識のない一般人の判断が量刑を左右するというのはちょっと疑問かなぁ・・・。司法の勉強もしていない一般人が本当に中立公正な判断ができるのかどうか。感情に流されずに法律に沿った判断ができるのかどうか。マスコミは裁判員側の感想を主に取り上げていますが、私としては司法を深く勉強されている方の意見をもう少し詳しく聞きたいですね。

さて、今日は以前買ったpwCatchを試してみました。左のモデルはつい先日買ったStephanie Petiteですが、実はAiko3にもA3toSPなるフィギュアが付属してまして、Aiko3の頭とStephanieの体をドッキングさせたようなフィギュアになってます。せっかくなので並べて比べてみました。

いや、予想はしてましたけど本当に同じですね。(;´∀`)
あのアニメ頭にリアルな胴体というアンバランスさが気持ち悪くて今まで使ったことありませんでしたけど、頭だけにカスタムキャラのINJを適用してみたらそれほど悪くないですね。まぁPetiteと書いてある通り、胸が小さいのが難点ですけど。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

本題のpwCatchですが、この画像では単純にPlaneを床にしてpwCatchを適用しただけですけど、見事に影だけを取り込んで背景と一体化してます。DS3のShaderMixerでShadow Catcherを組むと影の透過処理が雑ですし、制限も厳しいのでいまひとつなんですけど、こちらは完璧です。しかも影だけじゃなく反射なんかもキャッチすることができますし、Shadow Catcher自身が落とす影も処理することができます。応用範囲がかなり広いですねぇこれは。

きちんとした3Dオブジェクトで背景を作ればShadow Catcherに頼る必要はないんでしょうけど、Propを配置してマテリアル設定してライト配置して・・・なんてやってたら時間がかかりすぎますし、手軽にレンダリングして楽しむなら背景は1枚絵で済ませたほうが断然楽ですよね。これは本当に良い買い物をしました。ヽ(´ー`)ノ

ところでDAZのセール品に、またまたラインナップが追加されてました。いい加減小出しにするなーヽ(`Д´)ノ!今回は2007-2009で、最近までのDAZのモデルが割引になってます。でもカテゴリが分かれてる割には中身が2003-のものとごちゃ混ぜになっていて、わけが判りません。価格的にはだいたい30%-45%引きといったところで、均一価格ではないです。確かに安いんですけど、今回はあまり食指が動かず・・・(´・ω・`)

今週の無料アイテムは肉切り包丁と台のセットです。グロいですけど、とりあえず無料なのでゲット。ホラー以外の使い道なさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Freak Bundleを購入

Freak1のりピーが失踪だそうです。何事もなければいいんですけどねぇ・・・無事に元気な姿で帰ってきてくれることを祈ってます。(´・ω・`)

セール中のThe Freak Bundleを購入しました。明らかに使い道が少なそうですが、これって妙にカワイくありません?(;´∀`)
こういうキャラは対応してる服がとても少ないですし、カスタムキャラはバケモノばかり。でもこうやって実際に呼び出してみると、なんか憎めない顔をしてるんですよね。ちなみにデフォルトの大きさはA3と同じだったりします。サイズ調整用のMATポーズつきです。

そういえばセールのラインナップにDollar DAZE 2006が追加されてましたね。価格はPC会員で$5.94です。おそらく今回のセールはここまでかなぁと思います。トップページのバナーも$6からのカウントダウンでしたから。今回のラインナップだと、Bundle版以外は割安感がそれほどないように感じます。まぁ半額以下で買えるのは魅力的ではあるんですけど、A3 Mega BundleはA3 Pro Bundleを既に買ったので意味がありませんし(Pro+無料アイテムと同じ)、Hiro3は買っても多分使いません。(;´Д`)

そんなわけでいろいろインストールしてたらライブラリがグチャグチャになって収拾がつかなくなりはじめました。少しずつ整理しないとだめだこりゃ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライティングの復習(その3)

Mirror02今日も引き続きライティングの実験です。今回はこのページに書いてある方法を真似てみることにしました。とても簡単なセットで、使っているのはCubeが2つとPoint Lightを1つだけです。

まず、シーンに背景となるCubeを追加して部屋のような感じにします。大きさはそれっぽく見えればいいので適当に。次にCubeをもうひとつ追加して手のひらサイズにし、Point Lightを追加して小さいほうのCubeの中に入れます。Point LightをCubeの子にしておくと、位置の調整が楽です。

次に手のひらのCubeのマテリアルを設定します。設定はWikiversityのものをそのまま利用しました。

Diffuse=21%
Ambient=25%
Opacity=26%
Refraction=54%
Index of Refraction=1.54

Point Lightは薄いピンクにし、Intensityを200%に設定しました。
たったこれだけ。今回はこれをベースに手を加えていくことにします。

続きを読む "ライティングの復習(その3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライティングの復習(その2)

Studio1昨日に引き続き、ライティングの復習です。昨日は基本の三点照明でしたが、今日はクラムシェル・ライティングです。スタジオでグラビア等を撮影する場合に広く使用されているライティング技法で、被写体を明るく美しく表現することができます。
被写体に向けて上下に1つずつライトを配置し、カメラはその間から被写体を狙います。配置するライトは上段に傘、下段にソフトボックスが一般的なようです。ライトの配置の様子が2枚貝に似ているため、クラムシェルと呼ばれているようです。

光源が傘とソフトボックスですので、はっきりとした影は出ません。どちらかといえば被写体を満遍なく明るく照らすような効果となります。
ライトが前面に集中するため、三点照明と違って撮影ポイントがほぼ固定されます。人物の撮影のみに特化したライティングですね。

続きを読む "ライティングの復習(その2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ライティングの基本を復習してみる

Ds2_a3sdwdncr2

どうも最近は思ったような絵にならないことが多くて、ちょっと凹み気味です。考えてみればDAZ Studioを使い始めてからまだ数ヶ月ですし、3DCGの理屈は頭では理解していても、それを使うためのテクニックは初心者同然ですしね。モデリングばかりを重視していたツケがまわってきているのかも知れません。(´・ω・`)

こういう時には一度初心に立ち返って考えてみるのが一番。ということで基本中の基本、ライティングの基礎から復習してみることにしました。

ライティングの基礎といえば三点照明。ライティングはここから始まるんですよね。

続きを読む "ライティングの基本を復習してみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dollar DAZE 2005

Gen3_figures1DAZの旧作セールに、またもや商品ラインナップが追加されてました。今度は2005年版で、価格は$7.03(PC会員は$4.92)です。発売年ごとに1ドルずつ値段が上がっていて真綿でじわじわと首を絞められる思いがしますが、嬉しいのも確かで、今朝から買い捲っております。(;´∀`)
持っていないベースフィギュアを安く揃えるチャンスですので3日前から買い捲ってるんですが、2004では単品販売だったものが2005でバンドルセットが出ていたりして凹むこともしばしば。ラインナップが出揃うまで焦らず待ったほうがよかったのかも。なんでDAZは小出しにするかなぁ・・・。(´・ω・`)

とりあえずV3/M3 Skeletonとか筋肉マップ、あとMillennium Girls/Boysシリーズのバージョンアップ版であるMillennium Kids YTシリーズなんかを買いました。さすがにMillennium Kidsは前作よりかなりマシになってますねぇ。私にはMattとMaddieの区別がつきませんが。(;・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »