« Poser服作りとMorph Follower | トップページ | Wet Skin Shaderを作る »

UberVolumeを試してみた

A3用の絆創膏が意外と好評なので、V4対応に改造してリリースしてみました。Morph Followerのおかげでモーフ仕込むのが簡単ヽ(´ー`)ノ

以前から気になっていたUberVolumeを試してみることにしました。できればKotozoneさんのとこで見たようなSFっぽいのをやりたかったんですが、ああいうチューブのProp持ってないんですよね。

Tank2a うちにあるチューブ・・・
_| ̄|○ il||li


さすがにこれじゃカッコ付かないので、ちょっと趣向を変えてみることにしました。さっそくいつものようにKotozoneさんのブログ記事を見ながら設定。スポットライトを1つ追加してUberVolumeのParent Cone to Lightを設定。影はDeep Shadow Mapを設定してレンダリング!

Sakaba 驚くほど簡単にできました。ちゃんとそれっぽい影がついてます。背後に配置したロウソクのポイントライトがちょっと雑ですが、たぶんVolumeの品質を上げてやるとなんとかなるのかも知れません。

今日、Dazからアップデートのメールが届いてました。確認してみると、Daz Studio Advancedの最新版がMy Accountのダウンロードに追加されてました。∩( ・ω・)∩

Free版が何日か前にリリースされていたので、Advancedはまだかなーと心待ちにしてたんですが、やっとリリースされたようです。気になっていたOpenGLのアンダーフローの問題をはじめ、セットになっているプラグインのバグも修正されているようです。心なしか動作が軽くなったような気もします。ShaderMixerのプリセットもちゃんとContentsから選択できるようになってますし、やっとまともになってきたかなという感じです。

LightDomePro2.0のDS3対応はまだでしょうかねー。何のアナウンスもないのが気になります。
ぜひ対応して欲しいんですけどorz

|

« Poser服作りとMorph Follower | トップページ | Wet Skin Shaderを作る »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

またもやありがとうございます。
DS3は細かい不具合の修正が入ったようですね。でもまだ、使っていくにつれてアクティビティの切り替えに時間がかかりだす現象とか、頭などのモーフをたくさん持った部位の選択に時間がかかるのとかはそのままなようで残念です。
LDP2は13日にDS3版が出るようで一安心ですね。

投稿: Kotozone | 2009年7月11日 (土) 19時29分

Kotozoneさんコメントありがとうございます。
やはりまだまだ不具合は多いみたいですね。UberSurfaceのほうもスクリプトからColorプロパティを変更できない問題もまだ残ってますし・・・。今後に期待です。
LightDomePro2もDS3対応ですか!貴重な情報ありがとうございます。やった!ヽ(´ー`)ノ

投稿: とうふ | 2009年7月11日 (土) 21時38分

D|S3の(Commercial、DAZ Original)プラグインのアップデートは
http://forum.daz3d.com/viewtopic.php?t=115035
も参考にしてください。
DreamLightのMood MasterとSurface Mask Creatorはアップグレードの予定は無いそうです。
http://forum.daz3d.com/viewtopic.php?t=117274

投稿: T2 | 2009年7月14日 (火) 00時19分

T2さん、はじめまして。貴重な情報ありがとうございます。ブログも何度か拝見させていただいてます。

なるほど、公式フォーラムにプラグインの対応状況まとめスレがあったんですね。大変助かります。Mood MasterとSurface Mask Creatorは持っていないのですが、LightDomePro2はとても手軽にスカイドームを使えるので重宝してるんですよね(;・∀・)

投稿: とうふ | 2009年7月14日 (火) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30493256

この記事へのトラックバック一覧です: UberVolumeを試してみた:

« Poser服作りとMorph Follower | トップページ | Wet Skin Shaderを作る »