« Skin Shader Preset (for DAZ Default Shader) 公開 | トップページ | シェーダー適用スクリプト作成中(その3) »

シェーダー適用スクリプト作成中(その2)

A3tex_2 昨日に引き続きスクリプト作成中です。UberSurfaceではなく、HumanSurfaceShaderを使うことにしたわけですが、デフォルトシェーダーと違ってパラメータがとても多いので設定が面倒です。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
画像はフリーのAS Luna Textureを適用し、同じライト設定でレンダリングしたものの比較です。
一応細かい部分にこだわってパラメータを設定してあります。VelvetとFresnelで背後からの光の回り込みを表現し、SSSで肌の透明感を出してみました。でも、うーん、好みの問題?(;´∀`)
画像で見ると、それほど違いがないように見えますorz

パラメータもある程度固まってきたので、設定値をスクリプトのほうに移しました。ここまではDaz Studio2でやっていたのですが、3で動くかどうか心配だったのでDaz Studio3でパラメータを適用。ここまではGUIも含めて正しく動作しているようです。

いざDS3でレンダリングしてみると、とても速い!通常の3倍ぐらい速い!
Daz Studio3 Sugeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!
赤いパッケージは伊達じゃないってか!

と、感動したのも束の間。なんかちょっと色合いが違います。おかしいなと思いつつパラメータを見直してみました。すぐ原因を発見。SSSが機能してません。ONにしてもOFFにしてもシェーディングに変化なし。

またバグですか。_| ̄|○ il||li

さすがにちょっと不安になってきました。

|

« Skin Shader Preset (for DAZ Default Shader) 公開 | トップページ | シェーダー適用スクリプト作成中(その3) »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30378703

この記事へのトラックバック一覧です: シェーダー適用スクリプト作成中(その2):

« Skin Shader Preset (for DAZ Default Shader) 公開 | トップページ | シェーダー適用スクリプト作成中(その3) »