« やっとLong Shirt for V4/A4を入手 | トップページ | DAZ Studio 3 Advanced ついに発売 »

背景のある構図の難しさ

Haioku_02 屋根裏部屋でライティングをいろいろ試していますが、背景なしの人物のみという基本的な構成であればDazで使えるレンダリング機能で不足はないですが、背景のオブジェクトを配置してレンダリングしようとすると、とたんに難しくなりますね。人物を中心にライトを配置すると、背景が浮いたような感じになってしまうし、背景にリアリティを求めようとすると人物のライティングに満足できません。両方を満足させるためには完成イメージを頭に思い描きながらたくさんのライトを配置しなければならないようです。

特に間接光の表現。いままで間接光はスポットライトを使い、影を大きくぼかすことでなんとかそれっぽい表現ができていたんですが、背景つきだとこれがうまくいきません(;´Д`)。やはり最低でもライトの減衰距離とシャドウキャッチャー、各オブジェクトには影響を受けるライトの個別指定がどうしても欲しいです。YafaRayとか使えるようにならないかな。・゚・(ノ∀`)・゚・。

|

« やっとLong Shirt for V4/A4を入手 | トップページ | DAZ Studio 3 Advanced ついに発売 »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30127031

この記事へのトラックバック一覧です: 背景のある構図の難しさ:

« やっとLong Shirt for V4/A4を入手 | トップページ | DAZ Studio 3 Advanced ついに発売 »