« M4/A4をいじってみる | トップページ | WindowsをVistaに入れ替え »

Poser7買ったけど・・・

Aiko_poserとうとうPoser7を買ってしまいました(´・ω・`)
DAZ StudioだとPoserと同じことが出来るようにするまでプラグインを買うと、Poserの2~3倍ぐらいお金がかかってしまうんですよね。
キャンペーン価格で9000円弱だったし、レンダリングもIBL、AO、DOF等の基本は一通り持ってるようだし・・・ということでAmazonに注文しておいたのが今日届きました。

箱の大きさのわりに重いなぁと思ってあけてみたら、分厚いマニュアルが同梱されてました。しかもこれ、内容が非常に分かりにくいです。初心者とか熟練者とかそういうレベルじゃなくて、なんか変な日本語になってる。翻訳がまるでなってないです。マニュアルだけじゃなく、ソフトのほうの翻訳も非常に違和感がありますね。「ディスプレイユニット」っていう設定項目のところに「フィート」とか書いてある。それは「表示単位」って訳してよヽ(`Д´)ノ!!
変な日本語にされるよりは英語のままのほうがまだ理解しやすいです。

とりあえず付属のモデルを確認しました。さすがは本家ですね。とてもたくさんのモデルがインストールされています。アメコミ調のフィギュアから動物、蛇、昆虫、エイリアン、人体骨格、さらに背景として使えそうな部屋のパーツまで。ゴキブリなんてのもあります。・゚・(ノД`)・゚・。

メインフィギュアは歴代のPoserキャラと、サイモン(男性)、シドニー(女性)、ほかにコミック調の少年・少女のキャラが1体ずつついています。このパッケージだけでも簡単な3Dイラストに使える素材はそろっている感じです。プロポーションも良くて、なかなかの出来栄えです。服もカジュアルなものが一式ずつそろっています。DAZはベース素体だと服はほとんどありませんしね。

サイモンとシドニーには生殖器が付けられますが、DAZのMichael4と違って形状がちょっとリアルすぎ。しかもわりと巨根だし。(;´Д`)
シドニーのほうの性器も、ちょっとこれはどうかなっていうぐらいそのままの形。まぁこんなところに凝らなくてもとは思いますが、そっち方面の需要があるのも事実。Victoria4用のリアルな性器 なんてのもかなり売れているようですし。

それにしてもPoserはUIが独特で、慣れないと非常に使いにくいと感じました。初めてBlenderを触ったときのような、そんな感覚。DAZ Studioはわりとすんなり入っていけたんですけどね。Poserは特にソフトの動作が重く、ポーズを1つ適用するにも数秒待たされる感じです。とりあえず、四苦八苦しながら最初の画像のようなものをレンダリングするのが精一杯。自分のイメージに近いレンダリングができるようになるまでにはもうしばらくかかりそうです。。。

|

« M4/A4をいじってみる | トップページ | WindowsをVistaに入れ替え »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/29955990

この記事へのトラックバック一覧です: Poser7買ったけど・・・:

« M4/A4をいじってみる | トップページ | WindowsをVistaに入れ替え »