« DAZの公式チュートリアル本が届いた! | トップページ | マッドサイエンティスト »

Millennium Girls その後

$1.99の妖精のために、なぜか買ってしまったMillennium Girls。ネットをうろうろ徘徊してたら、なんとあのYamatoさんのTenTenがMillennium Girlsベースでも使えることが判明。POSER++ さんで配布しておりました。Victoria2なんて持ってないし、TenTenは諦めてたんですよね。

Millennium GirlsベースのものはTenTenJとTenTenSです。JはPreteenベース、SはPreschoolベースですね。ああ、無駄にならなくてよかった。。。(´Д⊂


Tenten これがMillennium Girls版のTenTenです。あのふっくらした可愛い顔立ち、まさにYamatoさんのモデルですね。さすがに子供のフィギュアですので裸で登場させるのはまずい。でもMillennium Girls用の服なんて当然1着も持ってないし・・・ということで、Aiko3用のタオルをD-Formで無理やり着せて記念撮影しました。

TenTenJのほうは体型もTenTenに近く、子供フィギュアがベースとは思えないほど大人の体型をしています。たぶんMillennium Kids用の服を買っても着れないでしょうね。。。


Poser7のほうですが、自分で作ったポーズをpz2ファイルに書き出すには付属スクリプトのPose Writer Premiumを使うんだと思うんですけど、これ、日本語が文字化けしててまったく使い物になりません。パーツを判別できないんです。

Mojibake Poser7Jなのに日本語が化けるってのはどうなんでしょうね。まぁそれだけならいいんですけど、VictoriaやAikoなんかのDAZ製フィギュアを読み込ませると、「Waist→腰」「Smile→笑う」なんていうふうに勝手に変な日本語に変換してしまうんですよ。これだけはとても困ります。日本語の名前を使いたくなくても、勝手に翻訳してしまう。こんないいかげんな日本語化ならしてくれないほうがマシです。英語版に乗り換える人が多いのも理解できました。(英語版は高いんですけどね)


ということで、結局DAZ Studioメインに戻りそうです。PoserのほうはDAZで出来ないことをしたいときに補助的に使うことにしよう。うーん、何だかなぁ。。。

|

« DAZの公式チュートリアル本が届いた! | トップページ | マッドサイエンティスト »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30029791

この記事へのトラックバック一覧です: Millennium Girls その後:

« DAZの公式チュートリアル本が届いた! | トップページ | マッドサイエンティスト »