« 背景のある構図の難しさ | トップページ | V4フィギュアの汎用性 »

DAZ Studio 3 Advanced ついに発売

Ds3_image_mediumついにDAZ Studio 3 Advanced(有料版)が発売になりました。無料版はまだ2.3のままのようですが、追って更新されるでしょうね。今回はメジャーバージョンアップということで大幅な機能追加がなされています。

値段のほうですが、通常価格$149.95です。2009/7/15までは35%割引セール中で、$97.47で購入できます。Platinum Club会員だとさらに30%割引が適用され、$52.48となります。

値段は思っていたよりちょっと高めかなぁ。$100を超えると躊躇しますね。Poserと同等の機能を持たせるには有料プラグインとか追加しないといけないことを考えると、通常価格で$100未満が理想的なんだけど・・・。

とにかくセール中ですので、さっそく購入しちゃいました。私の場合プラチナ会員の期間がまだ残っていたので、$52.49で購入できました。Windowsの場合、インストーラは32bit版と64bit版の2種類を入手できます。とりあえず両方ダウンロード。気になっていたレンダリング関係を試してみました。

今回導入されたAOですが、これは単にUberEnvironment2というプラグインが同梱されているというだけ。でもわりと定評のあるプラグインですね。

まずBuilt-in ContentのUberEnvironment2の中にあるBaseをシーンに追加。次にいま追加したBaseを選択して、「Set HDR KHPark」を適用します。テストレンダリングなのでParametersタブのEnvironment Modeを「Ambient(No Ray Tracing)」に設定します。まずはこの状態で光のあたりかたを確認。

Ue_orz01 見事に真っ白に美白されました。_| ̄|○ il||li
明るすぎでしょこれ。まぁそれはともかく、UE2はIBLの画像を背景としてレンダリングすることはできないようですが、環境光を示す球体にIBLの画像イメージがマッピングされているため、光の方向を決めるのはすごく楽になってます。目的の位置になるまで球体を回転させるだけ。これは便利です。


Ue_orz02 とにかく明るさをなんとかしないといけないので、Intensity Scaleを30%にまで抑えました。これぐらい抑えないと明るい部分の色が飛んでしまいます。orz

なんか今にも雨が降ってきそうなぐらいの曇り空の下にいるみたいです。明るさを抑えすぎたかな・・・と思うぐらい。でもこれからライトを追加するので、これで良しとします。


Ue_orz03_2 肌に光沢を出すためにDistant Lightを1つ追加し、IlluminationをSpecular Onlyに設定しました。光の方向はIBLの背景にあわせてあります。

光沢を与えるだけで見違えるような肌になりました。光沢を与えることで陰影が強調され、全体が引き締まって血の通った肌の質感がでてきました。∩( ・ω・)∩

もう1つぐらいDistant Lightを追加して、別の方向からも光沢を与えたほうが、より自然に見えるかもしれません。まぁ今回はこれでよしとしました。


Vicky_ue 最後に、Baseに「Set Quality 4XHi」を適用して影の品質を最高に設定し、ParametersタブのEnvironment Modeを「Occlusion w/Directional Shadows」に設定してレンダリング。これはさすがに時間かかりますね。Core2 Duo E6600 2.4GHzで30分ぐらいでしたが、かなり満足のいく結果を得られました。


Daz Studio 3は他にもいろいろと面白い機能が追加されているので、ぼちぼち試してみようと思います。

|

« 背景のある構図の難しさ | トップページ | V4フィギュアの汎用性 »

Poser/DAZ Studio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1222561/30130790

この記事へのトラックバック一覧です: DAZ Studio 3 Advanced ついに発売:

« 背景のある構図の難しさ | トップページ | V4フィギュアの汎用性 »